正しいお金の借り方と返し方

正しいお金の借り方と返し方を知ってますか?

こんにちは、七星明です。

お金を返す時に、4つの心理が働きます。

今日は、お金の正しい借り方、返し方を、お話します。

詐欺師が使うテクニックの話も入ってます。

人は10円でも貸したことを覚えてます。

でも借りたことは、意外と忘れちゃいます。

忘れられているな。と思ったら、

返してね。と言ってあげてください。

貸したのに、こちらから催促しないといけない。

おかしいのですが、

喉もと過ぎれば熱さを忘れる という言葉があります。

これで、人間関係が崩れることが、少なくなります。

で! この時ですが、相手の態度が 4つにわかれます。

その1  ありがとうと、感謝をして返す人。

その2  ありがとうと、普通に返す人

その3  何も言わないで、お金を返す人

その4  チ!っと悪態をつく人

その4とか信じられないと思いますが、

こういう人は多いです。

まるで、自分のお金を

取られたかのような気分で接してきます。

最低だと思いますが、

感覚的にいったら、税金と近いと思います。

日本人なので、税金は払わないといけませんが、

やはり、ちょっと損した気分になります。

なので、その4 の人とは、付き合うのは控えましょう。

それと、お金を貸す時は、

あげるつもりで貸す と言う人が居ますが、

それは、逃げです。

人を見る目がなく、自分が弱いから、

最初から、お金を盗まれることを、理解している。

愚か者の考えだと思います。

あと、気をつけてもらいたいのが、

詐欺師は、その1 に入ります。

詐欺師のテクニックを少し紹介。

120円の缶コーヒー代金を貸してもらう。

1時間後に、200円で返してあげる。

食事に行って、一万円しかない。

お店に悪いから、1000円借りる。

1時間後に、コンビニで両替して1000円返す。

その時、笑顔でありがとうと言う。

これを、1週間~4週間続ける。

その間、金額も、返す期間も、徐々に長くする。

一ヶ月後に、何かしら理由をつけて、

お金を貸してもらう。

約束を必ず守っていたし、

あと、借りたことに対して、

笑顔や、感謝の気持ち。

これは、詐欺師のテクニックの

初歩の初歩ですが、

人を騙すことは簡単です。

ただ、どちらにせよ

お金の貸し借りは、あまりしない方がいいです。

あと、保証人になるのも、良くないです。

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。