Gmailのロジックが変わりました。

七星です。

応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒今何位?<人気ブログランキング>

 

いま、わたしは、

メール配信サーバーを600個ほど管理してます。

 

IPアドレスやドメインは、それ以上です。

 

で、毎日 この600サーバーから、毎日一回、全プロバイダーに対して、

到達率テストをしているので、メール到達の情報を、

リアルタイムで見ることができます。

 

で、ある人のサーバーが、いきなり届くようになったので、

調査したら、面白い情報ができました。

これは、あるサーバーの到達率テストの結果ですが、

15日からいきなり届くようになりました。

 

で、その理由をいろいろ調べたら、この日から、キャンペーンをしてました。

 

で、何が起こるかというと、

登録完了メールを、迷惑メールフォルダーから救い出す行為 を、

Gmailユーザーがしたから、届くようになったと思われます。

 

以前も、このテストはして良い結果がでているのですが、

今回、それが証明されました。

で、15日のGmailユーザーの登録数を調べたら、意外と少なくて、

 

650人です。

 

数百人単位で、迷惑メールではない。

というボタンを押したら、Gmailは届くようになる

という仮説が立ちます。

 

なので、また、Gmailユーザーさんに、いろいろ手伝ってもらって、

この仮説を再度検証してみたいと思います。

 

ただ、10月20日から、

Gmailの迷惑判定基準が、変わって全体的に、メールが届くようになりました。

 

具体的には、153.127.●●●.●●●

のIPアドレス郡が、一気に届きやすくなってます。

もしかしたら、その基準が変わるのが、15日に反映したのかとも思ってます。

でも、最近、Yahooの基準がゆるくなったと思ったら、Gmailが厳しくなる。

 

メール到達率は、いろんなプロバイダーの情勢を、つねにチェックして行ってます。

 

エキスパートメールは、日本でただひとつ、到達率をしっかりと保障しているシステムです。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ