【心理力】人は何かを残したい


□未来への投資
□予想できないことに不安がある
□安心感とは、物質であり経験である
□本質として、将来の安心のために何かを残したい
穀物や子供

こんにちは、七星です。
人は何かを残したいという気持ちがあります。
これは未来への投資です。

何かを残すのは将来のための投資です。原始時代でいうと穀物を残しておく。
狩りをしてイノシシを捕まえたら、干し肉にして1週間は食べられるように保存しておく。

何かを残すことは、生きるための未来への投資だと考えます。

本質的に、人は何かを残したいという原理が働きます。
安心感を物質や経験で補います。

将来の安心のために子供を残したいというように、
人は何かを残したいという心理が働きます。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。