父親と母親の違い

七星です。

応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒今何位?<人気ブログランキング>

 

子供の教育を考えると、父親と、母親の役割が、

すごく重要だと感じました。

 

いくつか、子供を育てるに対して、気をつけている事をご報告します。

これは、社員教育や、コミュニケーションにも通じると思います。

 

私が子供の前で気にかけている事は、

「笑顔」 「聞く」 「褒める」 の3つです。

 

まず、子供の前で、笑顔でいることを、心がけてます。

 

とくに、一日の分岐で、顔を合わせた時

朝起きた時、帰ってきた時、お風呂から上がってきた時

とか、分岐ですね。

 

これが、プリンティング現象 を狙った行動で、

ニワトリのひなが、卵から生まれた時最初に見たものを、母親と認識する。

それと同じで、印象に残りやすい瞬間 は、笑顔でいる。

 

そうすると、子供は、いろいろ話かけてきます。

それを、子供目線、で聞いてあげる。

これが、「 聞く 」 です。

子供が話やすい環境を作って、それを聞いてあげる。

 

そして、ここが一番重要なのですが、「 褒める 」 です。

ここ数年、いろいろ心理学を使って、人を分析していると、

子供の時に、褒められたか、褒められないか で、

将来、結果を出す大人になる、ならないが決まります。

 

それは、褒められて育った子の方が、

ポジティブな性格で、イキイキした人が多いからです。

そして、そういう人は、行動力があるので、結果を出しやすいです。

 

ぎゃくに、褒められた経験がない子は、

ネガティブで、行動力がなく、結果を出しずらい性格になってます。

 

なので、

「笑顔」 「聞く」 「褒める」 を心がけると、

イキイキとした子供になり、将来、行動力のある大人になります。

 

 

で!!!!!

 

 

それが、たまにしか家に帰らない。

父親の仕事です。

 

毎日、ずっと子供といっしょにいたら、うるさいし、言う事きかないし、

私も、イライラモード、怒ってばかりいると思います。

 

なので、両方がニコニコしててもダメですし、怒ってもダメです。

 

教育とは、アメとムチ です。

 

自分が、怒ってしつけをする役割か

笑顔で褒める役割か、きちんと、夫婦で決めてください。

怒る方が損ですけどね。

 

でも、怒る役割の人が、タイミングよく褒めると、すごく効果ありますからね。

 

七星

 

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

 

【心理力】やる気のないプロより、やる気のある見習いの方が価値がある


□段取りが8割
□プロがプロなのは環境作りがうまいから
□やる気のないプロは、高いだけで使えない
□やる気のある見習いの方が、費用対効果も将来的にもよい

こんにちは、七星です。
やる気のないプロよりも、やる気のある見習いを使った方が費用対効果はいいです。

プロはプライドが高いので使いづらいです。
やる気がなければ、いいかげんな仕事をします。

それよりも、二十歳そこそこのがんばっている若者を見つけて、お金を払って
仕事をしてもらう方が、安くてクオリティーの高いものができる場合が多いです。

そういう人をプロに育てれば、プロを安く使うことができます。

私が仕事を発注するときは、いきなりプロに高いお金を払うよりも、
がんばっている見習いを使います。その方が将来的にはプラスになります。

やる気のないプロよりも、やる気のある見習いを使った方が、
費用対効果がいい場合があるということを覚えておいてください。

 

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ