【ノウハウ集】21日間感謝プログラム

□行動の理解
□感謝の説明
□結果の報告
□21日後の感謝

七星です。

21日間の感謝プログラムです。感謝の仕方が大事です。
人は、何かを与えると感謝してもらいたいという心理があります。

相手の気持ちがあれば、それで十分というところがあります。
正しい感謝の仕方について、最初に3つの原理をお話したいと思います。

まずは行動の理解、次に感謝の説明、最後に結果の報告、この3つを覚えてください。

例えば、女性をフランス料理店に連れて行ったとします。
最初に女性がしなければいけないのは、行動の理解です。

行動の理解とは、
「フランス料理店に連れてきてくれた、あなたの行動を私は理解しています」
ということを相手に伝えます。

次に感謝の説明ですが、
「こんなに素晴らしい場所に連れてきてくれて、どうもありがとうございます」
と感謝を説明します。

結果の報告は、
「こんなに素晴らしい料理を食べさせてくれたので、最近、
面白いことがなかったけど、明日から仕事をがんばれそうな気がします」
というように、あなたのおかげで私はこういう結果になりましたと、
結果をきちんと報告します。

この3つを会話の中に入れることによって、本当に感謝してくれていると
相手は感じることができるので、また何かしてあげたいと思います。

ここで最後のダメ押しですが、人は、21日間で記憶がなくなります。
忘れる生き物なので、21日後にメールをします。

「たまたまフランス料理の番組があって、この前のことを思い出しました。
おいしい料理を食べさせていただいてどうもありがとうございました。
また誘っていただけると嬉しいです」

と、21日後にお礼のメールを送ります。

相手は、この人は今でも感謝してくれている、逆にこちらが悪いぐらいだと恐縮します。
そうすると、また、あなたに何かしてくれます。

これが感謝の3原則および21日間感謝プログラムです。

ぜひ、誰かが何かをしてくれたら、この理論をもとに相手に感謝の気持ちを伝えてください。
それによってあなたは、いろんな人から与えられる生き方ができるようになります。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. なるほど!!!これを言われたら、イチコロですね!

    □行動の理解
    □感謝の説明
    □結果の報告
    □21日後の感謝

    普通は、当日の相対しての感謝の言葉だったり、ねぎらいだったり、
    帰宅してからの、感謝のメールでおしまいですが、
    感謝の3原則および21日間感謝プログラムだと、
    特に狙っている意中の人や、大切な人への思いを、極限まで伝える事ができますね!
    これは、素晴らしい事をお聞きしました☆
    最近、手帳にマインドマップを描く事が習慣になりつつあるので、
    このプログラムも、書き込んでおきます♪
    ありがとうございました!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。