【心理力】やる気のないプロより、やる気のある見習いの方が価値がある


□段取りが8割
□プロがプロなのは環境作りがうまいから
□やる気のないプロは、高いだけで使えない
□やる気のある見習いの方が、費用対効果も将来的にもよい

こんにちは、七星です。
やる気のないプロよりも、やる気のある見習いを使った方が費用対効果はいいです。

プロはプライドが高いので使いづらいです。
やる気がなければ、いいかげんな仕事をします。

それよりも、二十歳そこそこのがんばっている若者を見つけて、お金を払って
仕事をしてもらう方が、安くてクオリティーの高いものができる場合が多いです。

そういう人をプロに育てれば、プロを安く使うことができます。

私が仕事を発注するときは、いきなりプロに高いお金を払うよりも、
がんばっている見習いを使います。その方が将来的にはプラスになります。

やる気のないプロよりも、やる気のある見習いを使った方が、
費用対効果がいい場合があるということを覚えておいてください。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. いつも、メールを配信して頂き、ありがとうございます。毎回、楽しみにして、読ませて頂き、とても、勉強になります。

  2. 飲食店に勤めています。
    すごく実感しています。
    やる気のないプロがまさにいます。
    これのおかげでやる気のある見習いが入ってきても、潰されてしまいます。
    飲食店の昔からの悪いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。