【心理力】心に穴のある人には、普通でいる事が最高の癒し

□心の穴はふさがらない
□フタをしているだけ
□周りからはそれが見える
□自分で自分をだましている
□「大丈夫?」はかさぶたをいじっているだけ
□あえて知らないふりをする
10年後に消える

七星です。

心に穴がある人は、普通でいてあげることが、その人にとって最高の幸せです。
心の穴とはトラウマのことであり、トラウマは人に見られたくない過去の傷です。

例えば、過去にレイプをされてしまったら、深い傷として残ります。
その傷を埋めることはできませんが、その人自身がフタを閉めることはできます。

ただし、そのフタは周りの人には見えています。
この人は過去にトラウマがあると、わかる人はわかります。

「元気がなさそうだけど大丈夫?」と、人とは違うという目で見てしまうと、
せっかくフタをしているのに、傷口のカサブタをいじられているように感じます。

私は、それを理解しているので、トラウマがある人と出会ったときは、
あえて見ないふりをします。

向こうから話をしてくれたら当たり前の対応をします。

そうすると、特別視しないで普通に扱ってくれる人、
大丈夫という言葉をかけてこない人と認識するので、居心地がよくなります。

リストカットがある女の子に対して、そういう話題には触れずに、知らないふりをします。
向こうから話をしてくれたら普通に対応します。

周りの人が普通に扱ってくれて初めてフタが消えていきます。
フタの上に草が生えてカモフラージュされます。

そのために普通が必要だと覚えておいてください。

 
七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。