ここ数ヶ月で、5000万円ほど買い物をしました。

 

七星明です。

 

会社の銀行残高、

個人の銀行残高 をちょっと見てみたら、

ここ4ヶ月で5000万円ぐらい使ってました。

 

いくら儲かっているからと言って、

ちょっと使いすぎで、ドキドキしてきてます。

 

来年か再来年に来る税務調査が、まじ怖いです。

 

 

まず、事務所とセミナールームを引越したので、

それだけで、3000万円ぐらいですね。

 

保証金や、パソコンや机等で、結構、お金がなくなりました。

 

保証金は税務上、経費にならないので、

完全に寝かしている死に金です。

 

あと、半年以上勤務している

スタッフの給料を全体的に15~20%前後あげて

ボーナスも支給したので、会社としてはそれも出費です。

 

 

あと、プログラマーを2人ほど増員したので、

ついに、プログラマーの人件費だけで、

毎月500万円を超えました。

さすがに、ここには、ちょっとビビッてます。

 

 

これは、全てシステムに対する投資で、

たぶん、システム開発費だけで、

ここ半年で、3000万円ぐらい使っていると思います。

 

なので、じつは稼いでいるお金は、

全部、会社に投資しているので、

そんなに、私はお金を使ってません。

怖くて、無駄使いできませんね。

 

 

スタッフ数も、この前の募集で4人ほど雇用予定で、

引っ越したばかりですが、

もう、机が余ってないので、引越しを考えてます。(笑)

 

 

ただ、毎月200万円近い赤字経営だった

カウンセリングルームを、一時閉店させたので、

そこの経費が浮いたので、すこし楽になりました。

 

ここ数ヶ月は、組織力UPと環境作りに

すごい労力と、お金を使ってきました。

この調子だと、7月中に、

新しい体制でスタートできます。

 

 

ここ1年、一気に売り上げが上がって

体制が追いついてませんでした。

 

やっとこれで、安定して

年商10億円を維持できる会社ができました。

 

これからは、各事業部を、子会社化していき

社長を作って、年商10億円の会社を

複数所有するオーナーを目指します。

 

 

 

ここまで来て感じたことですが、

組織が大きくなるために必要な物

 

・現金(半年分の会社維持費)
・環境の良い事務所 従業員数×1.5坪 20人なら30坪ぐらい
・税務を任せられる人材
・経理を任せられる人材
・専属のサポート人員(月の売り上げ400万円に1人 2000万円なら5人)
・事業部ごとのチーム制
・社長の人脈サポートができる秘書
・決済システム
・継続収入
・定期的に行う集客イベント(セミナーやプロモーション)
・スタッフのモチベーション維持の福利厚生(辞めない体制)
・すぐに求人して人員を増やせる流れ(広告、派遣会社、学校、塾)

 

 

 

■現金 (半年分の会社維持費)

 

大体ですが、売り上げゼロでも、

半年間もつ資金力や現金がある会社は一気に伸びます。

私の場合は、定期収入があるので、

手持ちの現金がそれほど多くなくてもいいのですが、

大体、半年分あるのが健全な会社だと思います。

 

逆にそれ以上ある会社は、組織に対する投資が少ないか

攻めてない会社なので、会社が面白くないと思います。

 

 

■環境の良い事務所 従業員数×1.5坪 20人なら30坪ぐらい

 

できるだけ交通の便がよく綺麗な事務所がいいです。

交通の便が良い=スタッフの通勤時間が少なくなり

全体的に効率がよくなります。

 

また、応接室や会議室があることで、

信用がつくので、交渉ごとがスムーズにいきます。

あと、常に整理された事務所にするために、

しっかりとした棚がある倉庫を内部に作ってください。

それを考えると、理想は、従業員数×1.5坪です。

 

そして、スタッフ用の机ですが、

1400幅の机で、パソコンは原則ミラーリング

ディスプレイは、全員デュアルです。社長の仕事は環境作りです。

 

あと、パーテンションは、必ずつけてください。

あまり意識したなかったのですが、横面は無理しなくてもいいけど

前面は入れたほうが、集中力が上がって、作業効率が10%以上上がります。

環境はすごく重要だと、つくづく感じてます。

 

 

■税務を任せられる人材

 

ここ最近までは、全て自分でやっていたのですが、

妹が入社することになり、税務に関しては、全て妹がすることになりました。

 

基本、嫁が嫉妬するくらい妹のことを信頼していて、

会社の現金と、個人の現金を、全て任せる予定です。

 

もともと会計事務所で働いていて、私の1番面倒だった部分を

完全まる投げできるのは、本当に大きいです。

 

 

■経理を任せられる人材

 

去年あたりから、給料以外の入金系は、

全て経理担当に任せてます。

これも相当大きく、なかなか任せる人材とは出会わないと思います。

社長が経理をする会社は所詮、個人商店です。

 

 

■専属のサポート人員(月の売り上げ400万円に1人 2000万円なら5人)

 

これがすごく重要です。

 

2012年からサポート用に人材を雇用しました。

今までは、みんなでしてたのですが、専属を作ったのですが、

これがよかったです。

 

じつは会社が大きくなるために必要なパーツが顧客サポートでした。

 

 

それは継続収入は顧客サポートがしっかりとしてないと、

成功しないって事です。

エキスパートメールが業界で1番になったのは、

顧客サポートに力を入れたからです。

 

そして、サポートのマニュアル化も重要です。

 

お客様の質問は同じ場合が多いです。

なので、対応を全てマニュアル化して、

新人さんが入っても、1ヶ月で仕事をこなせるような体制を作ったことで

 

売り上げが上がる

スタッフを増やす

すぐにサポートできる

 

という良い流れになりました。

 

職種にもよりますが、私の会社ですが、

月の売り上げ400万円に、専属のサポートが1人いると

しっかりとサポートができると判断してます。

売り切り商品とかだと、もっと少なくてもいいと思います。

 

 

■事業部ごとのチーム制

 

責任者を作って、朝礼をすることも良かったですね。

なにより、チームリーダーを作ることで責任感が発生します。

業務を固定にするです。

 

マルチタスクに、いろいろやらせることは成長につながりますが、

仕事を固定させることはすごく重要です。

それがチームを作る意味もあります。

 

 

■社長の人脈サポートができる秘書

 

いまの私の状態ですが、生徒数が千人単位でいます。

そして、芸能界や政財界とも繋がりが増えてきて

人脈がハンパないです。

なので、それをサポートしてくえる人材が必要です。

 

いま、女性の秘書と、男性の秘書がいて

私の代わりに、いろいろ手伝ってくれてます。

社長の人脈と会社の力は比例します。

そこを円滑にサポートしてくれる人材もすごく重要です。

 

 

■決済システム

 

結局、ここがすごく重要で、お金を稼ぐには

お客様からお金をもらわないといけません。

そのためには、回収作業や決済があります。

 

ここがしっかりとしていると、安定して収益が発生します。

私の会社は決済システムを独自で持ってますが、

ここ5年間で、2000万円ぐらい開発費を突っ込んでます。

 

そうなると、何が起こるか、

 

機会損失がなくなりますし、経理や集金のコストが楽になります。

売り上げがたっても、回収できなければ意味ないですよね。

会社が大きくなるには決済システムがすごく重要です。

 

 

■継続収入

 

会社が大きくなるために、やはりキャッシュフローの健全化が必要です。

1番最初に言いましたが、現金として半年分の蓄えが必要ですが、

継続収入があるなら、その現金はもっと少なくていいです。

 

会社の維持費が、1000万円だったとします。

でも、継続の売り上げが、500万円あれば、

維持費は、500万円、

現金は、5000万円あれば健全経営です。

 

みなみに、この5000万円とは税金を払うための蓄えとは別が理想です。

まあ~~ 無理ですけどね。

私の会社がよい流れなのはエキスパートメールの継続収入があるからです。

 

 

■定期的に行う集客イベント(セミナーやプロモーション)

 

商売で重要なのが、集客です。

そこで、どんな会社でもお客さんを集める何かノウハウを持ってます。

 

広告を出すとか、セミナーを開くとか

アフィリエイターを多く囲っているのもいいですよね。

でも、毎月コツコツの集客も重要ですが、

可能なら、年数回の大きな集客方法を持っている会社はいいです。

 

ようは、安定もいいのですが、会社として成長するきっけがあります。

私の場合は、年2回 大きなセミナーを開催するパターンができました。

このように大きなイベントを開くと、会社が劇的に成長します。

集客の上限値がぐっとあがります。

 

 

■スタッフのモチベーション維持の福利厚生(辞めない体制)

 

つくつぐ思いますが、人材は宝です。

私は、使えないスタッフは、すぐにクビにします。

でも、それは優秀な人材を大切にするためです。

なので、辞めさせない工夫をしっかり考えてます。

 

・ 自分が経験してないことはさせない
・ 夢や目標を与える
・ モチベーションの維持をする
・ 現金だけでなく、何か付加価値を与える
・ 成長がある業務も与える

 

とか、話し出すと、ここは止まらないのですが、

なにより、スタッフが辞めない環境つくりはすごく重要です。

組織を作る場合は、優秀なスタッフを辞めさせない工夫は必須です。

 

ここは、そのうちセミナーでも開きたいですね。

 

 

■すぐに求人して人員を増やせる流れ(広告、派遣会社、学校、塾)

 

ここも重要です。

私の場合は、メルマガや塾を開いているので、

求人コストが原則かかりません。

 

メルマガで募集をしたら、すぱっと10人ぐらい応募があるので、

その中から優秀な人材を雇えばいいです。

この求人のパターンが確立していると、会社は好きなだけ成長できます。

また、キャッシュフローがしっかりとしているので、

派遣で人材を雇うこともできます。

 

技術職 プログラマー、デザイナーとかは、探す手間を考えたら

派遣を使ったほうが、断然いいです。

 

結局、組織とは人が集まってできる物で、

強い組織を作りたいなら、優秀な人材があつまる仕組みを、

もっていることがすごく重要です。

 

 

とりあえず、ゼロから年商10億円の会社の作り方はわかったので、

これから、年商10億円の会社を、どんどん量産していきます。

 

たぶん、10個作ったら、そのうちひとつが30億円に行く

そのとき、また、30億の会社を作る何かわかると思います。

 

 

今日の話はここまで、もしためになった人は、

コメント、書いてください。

はげみになります。 ^^

 

 

ps

思いつきで、だ~~~ って確認なしで書いているので、

誤字脱字はご勘弁ください。