お金の、正しい借り方、返し方

七星です。

 


お金を返す時には、

4つの心理が働きます。

この4つの心理を理解して、

自分の発言、行動に気をつけると、

結果が、大きく変わります。

 


今日の話は、詐欺師が使う

テクニックも入っています。

 


人は、10円でも、

貸したことを覚えています。

でも借りた側は、

意外と忘れちゃいます。

忘れられているな~ と思ったら、

返してね。と言ってあげてください。

 


貸してあげたのに、

こちらから催促しないといけない。

おかしな話なのですが、

『喉もと過ぎれば熱さ忘れる』

という言葉があります。

 


こっちが、

「なんで返してくれないのかな~」

って悩むより、

「この前貸したお金、どうなった?」

っと、聞くことがすごく重要です。

 

借したお金を

返してもらうことは、当たり前です。

これで、人間関係が崩れることが、

少なくなります。

 

で、この時ですが、

相手の態度が4つにわかれます。


1 ありがとうと、感謝して返す人

2 ありがとうと、普通に返す人

3 何も言わないで、お金を返す人

4 チ!っと悪態をつく人


4とか、信じられないですが、

こういう人は、けっこう多いです。

 

覚えておいてほしいのですが、

返すまでの時間が、

長ければ、長いほど、

トラブルになります。

まるで、自分のお金を

取られたかのような態度になる。

なので、4の人とは

付き合うのを控えましょう。

 


こういう人は

最低だと思いますが、

お金を返す行為というのは、

感覚的に言うと、税金に近いと思います。

税金は、払わないといけませんが、

やはり、損した気分になります。

 


あと、お金を貸す時に、

「あげるつもりで貸す」

と、言う人がいますが、

それは、逃げです。

人を見る目がなく、

返してもらう事もできないから、

最初から、お金を、

盗まれることを、理解している。

愚か者の考え方だと思います。

回収してあげることが、

その人のためです。

 


お金を貸して、

返してもらわないことは、

その人を、詐欺師の道

招待していることと同じです。

 


あと、気をつけてもらいたいのが、

詐欺師は、1の返し方です。

気をつけてくださいね!

という意味もこめて、

詐欺師のテクニックを

少しだけ紹介します。

 


最初は小額で、

120円の缶コーヒー代を貸りる。

1時間後に、200円にして返す。

食事に行って、

一万円札しかない時に

お店に悪いからと言って、

一緒に行った人に

1,000円借りて会計をする。

 

1時間後に、

コンビニで両替をして

1,000円を返す。

その時、笑顔で、ありがとうと言う。


これを、1週間~4週間続ける。

 


その間、金額も、返す期間も、

徐々に長くしていきます。

1ヶ月後に、何かしら理由をつけて、

お金を貸してもらう。

これまで、必ず約束を守っていたし、

あと、借りたことに対して、

笑顔や、感謝の気持ちがあったから、

貸しても大丈夫だろうと貸す。

 


これが、

詐欺師のテクニックの、

初歩の初歩ですが、

人を騙すことは、実は簡単です。

 


ただ、どちらにせよ、お金の貸し借りは、

あまりしない方がいいです。

あと、保証人になるのも、よくないです。