ミシュラン星付きで、食事をする理由

 

七星です。

先週、久しぶりにロブションで

食事をしました。

まずは、写真からご覧ください。

IMG_0145

 

IMG_0146IMG_0147IMG_0148IMG_0149IMG_0150IMG_0151IMG_0152IMG_0153IMG_0154IMG_0155IMG_0156IMG_0157IMG_0158IMG_0159やっぱり、ミシュラン3つ星はすごいですね。

私が、星付きで食事をするのは、

接客が素晴らしいからです。

良いサービスを提供したければ、

良いサービスを受けよう。

これは、与沢さんが言った言葉で、

いや~~ 先を越されたと思いました。

★格言入り決定!

「 良いサービスは、良いサービスが生む 」

そして、ロブションの接客がすごいのは、

こんな美味しいモノばかり食べたら、

舌がバカになるよね。って、

23才ぐらいのウエイターさんに話したら、

さらっと、言われたことが、

「 判断基準が値段は成長が止まる 」

★格言入り決定!

深く納得です。

たしかに、高いから良い商品、良いサービスって感じたら、

その人の成長は止まります。

でも、それ以上に感じたのが

判断基準が値段になっている人向けの

商売ってすごく楽ですね。

いや~~ 接客レベルが本当に高いです。

青山のカシータも接客レベルが高いですが、

本当に、よい接客を受けると、

自分も、よい接客をしないといけない。

そんな気になるし、

なにより、よい接客とは?と感じることが多いです。

正直、私は接客、サポートに口うるさいです。

現在、一日、私の会社は、

数百通のサポートメールを送っていています。

その全てのメールは、

私のもとに、CCで送られて

ざっくりと目を通して、悪い部分は指示だしてますが、

なんで、解らないかな~って思うことが多いです。

こんな事を言われたら、イラとするよな~とか

え~~ ここは、こうしようよ~~ とか

私は、サポートに関しては、

リッツカールトンを目指してます。

なので、1人、高級なお店で

副店長してたスタッフがいるのですが、

彼とサポートの感覚は近いです。

気がきくサポートメールって、重要ですよね。

お客様を甘やかすつもりはないけど、

できるだけ、要望にお答えしたいと思ってます。

やっていけない接客とは怒らせることです。

そんなことを思うのも、

やっぱり、良い接客を受けているからです。

ロブションですが、1階なら、

安いコースなら、1万円とかあります。

総額3万円で美味しく

ご飯を食べることができるので、

ぜひ、一度行ってみてください。

ただし、ドレスコードがあるので、

男性はスーツでいいけど、女性は大変ですよね。

ちなみに、ワインを楽しみたいなら

2階より、1階がいいですね。

2階は、料理が目立ちすぎてお酒がかすみます。

マリアージュは、1階の方が体験できる気がしますね。

あと、接客も1階の方が、

フレンドリーですね。