妹が入社しました。

七星です。

本日から妹が経理で入社しました。

将来的には、

私は、お小遣い制になるそうです。(笑)

経費を使いたい放題使っていたのですが、

来月あたりから、貧乏になります。

でも、銀行や税務と、

私が後回しにしていきた事を、

どんどん進めてくれてます。

私の個人資産から、会社のお金と、

全てを管理してもらう予定なので、

いや~~ これでビジネスに集中できます。

経理を任せられる人材は、

ステージ7の私には、必須の人材です。

これは覚えておいてください。

ネットでお金を稼いだら、稼ぎ始めてから

2年~3年で、必ず税務署がきます。

その時に重要なのが、貯金です。

すぐに払えれば、大きな問題になりませんが、

払えないと、すごく面倒です。

で!私の場合は、10年前から妹に

売り上げの1割を、税金用に

定期積み立てしなさい。と言われ続けてました。

結局、しなかったので、一瞬大変でしたが、

本当に妹の言うとおりに、売り上げの1割を

税金用に定期積み立てすることは、お勧めします。

私には、弟もいるのですが、

どちらも、固く、いつも、兄貴は危なっかしいから、

一緒にいると、ヒヤヒヤするといわれます。

弟はシステムエンジニヤなので、

数年まえに、一緒に仕事しないってお願いしたら、

「 言っていることが、コロコロ変わるから嫌 」

って言われて、納得したことがあります。

今回の妹、会社をより大きくするためには、

経理ができて、税務も理解できて、

しかも、お金を全て任せられるそんな人材が必要で、

三顧の礼を使って、一年かけて口説き落としました。

女性を口説くのが、こんなに大変だと思いませんでした。

いや~~ これが、私の弱点は、ほぼ無くなりました。

事務所移転も終わったり、人事も落ち着き、

忍者部隊も集まってきたし、

これから、攻めて、攻めて、攻めまくります。

ということで、今後とも

七星明と、エキスパートメール、ビジトリー、

よろしくお願いしますね。

40歳が1番 儲かる!

40歳の七星です。

なぜ、40歳が一番儲かるのか?

それは、ある●●が理解しやすいからです

ビジネスをしていく中で、すごく重要な部分で

私、七星明が、これだけブイブイ言わせているのも、

セミナー集客がしかっりとできるのも

ある●●をしっているからです。

では、その●●って何でしょうか?

 

それは、顧客心理です。

じつは40歳って、ちょうど中間の年齢です。

なので、20代の気持ちも解るし、

50代の気持ちを解る。

正確には、理解しやすいです。

50歳だと、20歳が遠すぎる。

20歳が、50歳の気持ちは理解できません。

そう考えると、いま、私は、

20代、30代の気持ちは、解るし

50代の人の気持ちもなんとなく理解できます。

40歳が儲かるってのは、

全人口の心理を理解しやすい年齢って事です。

で!ビジネスにおいて、

重要な要素に、お客様の気持ちを理解するがありますが、

私は、インターネットプロデューサーであり

コンサルタントであります。

なので、いろんなお客さんの心理を読まないといけません。

いろんな業種であり、年代の顧客心理を読むのに

最適な年齢が、40歳だと思ってます。

もちろん、20歳や50歳の方が、

解らないとは言いませんが、

釣りが趣味の顧客心理に、

年齢はあまり関係ないですが、

チョコレートを買う人の心理は、

幅広い年齢層の顧客心理を読むための

経験と適正年齢があります。

なので、これから、今の年齢で

しかっりと土台となる組織を作りたいと思います。

・ 高校時代に戻る気持ちで人生を満喫しろ!
・ 本業に専念するために、所帯を持った
・ 金銭感覚が一桁変わると成功する
・ 思いを伝えなければ、思ってないと同じ
・ 創意工夫することで、作業が仕事になる
・ ★済★ 40歳が一番儲かる
・ ★済★ うまい彼氏のフリ方
・ 行動しない方が気持ち悪い

他のやつも、徐々に書き出していきますね。

中華の鉄人 陳健一氏の料理を食べました。

七星です。

先日は、中国料理 -

食会に参加しました。

 

正直、中華料理は好きでなかったのですが、

考え方が変わりました。

 

この食会とは、日ごろからお客様だけを

特別に招待する会で、

一般の人は中々参加できないそうです。

 

私の友人の高橋さんに、

招待してもらって行ったのですが、

食事は、もちろんのこと

経営についても、勉強になりました。

 

まず、今回の食事会は、

お客様に喜んでもらうため

手間隙かけた料理や、普段は出ないような

超高級食材が出る会でした。

食事ですが、激うまでしたね。

 

冷製野菜のクリーム仕立て

01

 

前菜としては、パーフェクトです。

 

中華というより、フレンチに近いのですが、

 

各種野菜がしかっりとハーモニーを奏でてました。

 

エビの素揚げ

02

 

ただのエビを揚げただけなのに、

びっくりするくらいうまいかったです。

写真では味を表現できません。

エビをただ揚げただけの料理(笑)

食材と油の温度、揚げるタイミング

そして、最後にちょっとだけかける香辛料。

最強のバランスがおりなす。そんな究極の

ただ揚げただけの海老です。中華恐るべし

 

コンソメスープ

03

 

高級食材である。葛仙米

『葛仙米』ってのは、

日本語では『イシクラゲ』で、

中国では漢方薬としても使われているみたいで、

値段は、500グラム1400元(約2万円)です。

しかも、こんなにたっぷりで、びっくりです。

ゴクゴク頂きました。

周りの女性の方が、お肌が綺麗なるわ~~

っと大喜びです。こんな高級食材を食べれる幸せは

陳さん達、料理人の方々に感謝をしないといけません。

 

加藤さんが育てた、最高級の豚肉

04

 

今日の日のために、

5日前に仕込んだ豚肉です。

豚肉は、塾生して食べごろが6日だそうで、

この食事会のために、スパッとする時間を

決めたそうです。

 

そして、油の溶ける温度が、この豚は31度だそうで、

口に入れた瞬間、豚肉が口の中で消えました。

肉に添えてある野菜は、中華風にお酢をしかっりと使っており

最高級の食材をしかっりとサポートしてます。

うまかったです。

 

オマール海老のオーブン焼き

05

 

今回のコースの中で、一番ボリュームがあり

中華らしい料理でした。

時期が真夏だったので、全体的に中華というより

フレンチに近いコースで作っており、

夏の暑さに疲れた体にしっかりと気を使ってくれている。

料理人の心使いを感じてました。

 

今後は冬場、がっちりした四川の中華を、この食事会で食べたいです。

で、このオーブン焼きですが、

フカヒレ、ウニとか、信じられないくらいの高級食材がたっぷり入ってます。

しかも、オマール海老が大きい、パクパク食べちゃいました。

 

でね。高級食材がふんだんに入っていると、

最後のお楽しみがあります。それは、底にたまったスープ、

最後の一口がやばかったです。

 

ほら、高級食材の細かい部分が底にたまるじゃないですが、

この最後の一口は、液体系の美味しさナンバーワンを

取ったかもしれません。それくらい美味かったです。

 

カリカリタイ米のとろ味スープ

07

 

簡単に行ったら、オコゲに激うまのスープを

じゅわ~~~~~ ってとかけて、

音と香りと、味で楽しむ料理です。

 

目の前で、タイ米を、カリカリになるまで、

しっかりと揚げてくれて、

それを、ひとテーブルごとに持ってきていただけて、

目の前で、茶碗によそっていただき

そして、熱々のプールをかけてもらう

カリカリおこげが、さくさくのまま、

食感を楽しみながら食べる、食事というより

中華のエンターティナーですね。

 

銀タラの蒸し焼き

08

 

こちらも、こだわりに拘った食材の登場です

わざわざ、カナダから、この日のために

冷凍ではなく、生のまま、銀たらを空輸する。

 

しんじられないこだわりです。

 

でも、やはり食材がいいと、味が違います。

 

口に入れた瞬間、へ?これたら?

 

まるで、白子を食べてる感触で、

白さかなで、ここまでジューシーな食感は、

なかなかでません。刺身で食べれる食材を

 

最高の料理人が手を加えてくれる。

 

さすが、食事会ではなく、遊食会 です。

 

四川飯店、名物バンバンジー冷麺

09

 

私は辛いものが大好きです。

なので、このバンバンジーはすごかったです。

麺の食感が違うのと、辛味の裏に甘味がありました。

この麺ですが、なんと、うちわで冷やしているそうです。

ゆでてあげて、一本一本、手でわけて、

うちわで、パタパタとあおいで冷やす。

そうすることで、表面に味が絡みやすくなり

そして、細めんなのに、うどんのような弾力がある。

すばらしい冷麺が完成します。

 

これが、四川料理、最高峰のコースです。

最後は、デザートでしめ、お腹いっぱい満足しました。

10

 

で!!!!!

このコースの値段を聞いてびっくりです。

 

陳健一さんや、陳健太郎さん、菰田欣也さん

という、四川料理の鉄人たちが、会場内で解説して、

目の前で仕込みをしている。そんな環境で食事をする会です。

正直、私は招待されて、お金を払ってません。

いくらか解らなかったのですが、

ワインやシャンパンも飲み放題、

1テーブル10人で、6テーブルです。

ウエイターも40人ぐらい居たし 料理人も20人体制ぐらい

間違いなく、ひとり10万円ぐらいのコースだと思います。

私なら、20万円払ってもいいです。

 

それが、

 

なんと、

 

万円・・・  

 

はあ~~~

絶対に、儲かってないでしょ。

天下の陳健一さんが、きてくれて、びっくり仰天です。

IMG_0122

 

 

■ ビジネスマンとして、最高に尊敬しました。

まず、この遊食会は、一般の人がこれないそうです。

普段から、お店にきてくれているお客様を、

こっそりとお誘いする会です。

 

ようは、お客様への感謝の気持ちを伝える遊食会です。

でも、じつは、経営者は腹黒いです。

 

これは、スタッフのモチベーションUPのためにやってます。

今回、じつは、料理の味や演出もすごかったのですが、

一番、感動したのは、料理人とウエイターさんたち、

スタッフの気持ちです。

 

お客様に最高の時間を体験してもらう。

その目的のために、スタッフ全員が一致団結してやっていく

そんな固いチームワークを感じることができました。

 

そして、新入社員がひとりづつ挨拶をするのですが、

みんな本当に自分の仕事にプライドと誇りを持って

お客様の喜びが、自分の喜びと感じることができる

そんな最高の接客を体験させて頂いたこと

今回の遊食会で感じたことですね。

 

最後に、総料理長の菰田欣也さんの挨拶で、

中華のウエイターは、あまりやりたがらない。

5年前は、社員が3人しかいなかった、

いまは、13人、なぜ集まってくるのか

それが、この食会にある。しっかりと伝わりました。

 

スタッフにお客様の笑顔を体験させると、

スタッフは劇的に成長する。

私は、星付きのお店が好きです。

たまに、お金使えば美味しい料理は食べれるよね。

っと言われますが、

美味しい食事を食べのに必要な物

1番目、誰と食べるか
2番目、雰囲気
3番目、食材の鮮度
4番目、料理人の腕

IMG_0113

美味しい料理なら、吉野家も十分美味しいです。

3番と4番は、食材とレシピがあれば、

誰でも、そこそこの料理が作れるかも知れません。

 

でも、料理人やスタッフが、

プライドと誇りを持っているお店で、

これが、1番と2番です。

 

ウエイターさんの料理説明を聞いてから食べる。

ということは、誰と食べるかは、

ウエイターさんも入ってます。

 

なので、料理人とウエイターさんが、プライドと誇りを持っている

そんなお店で食事をするのが、私は大好きです。

食事とは、作ってくれた人にも、喜んでもらうために

食事をする。

 

お店で料理説明をしっかりと聞かないで食べる人と、

私は食事をあまりしません。

作ってくれた人が、心をこめて作ってくれているなら、

しかっりと感謝の気持ちをこめて食べましょうね。

 

今回の、食会は、接客の素晴らしさでは、

間違いなくナンバーワンです。

美味しい中華を食べたい方は、

渋谷店はセルリアンタワー東急ホテル2階

スーツァンレストラン陳
http://srchen.jp/access/index.html

七星がお勧めする間違いないお店です。

123

 

1 3 4 5 6 7 8