Gmailの赤い詐欺メール警告 

スパムメール

 

七星です。

先月から、いきなり始まった

Gmailの赤い詐欺メール警告について。

 

到達率を保障している

エキスパートメール開発者 七星明として、

現状について、ご報告します。

 

結論としては、本文に入っている

ドメインが原因です。

 

Gmail側が、どこかの

スパムドメイン情報を参照して

そのドメインが、本文に入っていると、

赤い詐欺メール警告 を出す仕様になりました。

 

なので、本文に入れる

ドメインを気をつければ、回避できます。

 

エキスパのプロ以上ですと、

専用でひとつドメインをお渡ししており、

そのドメインは、短縮URLに使っております。

 

そのドメインが危険判定されて、

短縮URLを使って送信すると、

赤い詐欺メール警告です。

 

対策としては、まず、ドメインを変更する。

 

そして、将来的な対策として、

システム開発チームと協議した結果・・

 

今後、エキスパートメールは、

お客様に、4つのドメインを提供することにしました。

 

システムの改修で1ヶ月以上かかりますが、

この処理をすることで、

ドメインによる到達率低下の可能性を

著しく減らすことができます。

 

来年には、管理ドメイン数が、1万個になりそうです。

メールの到達率は、サーバー会社との戦いですね。

イタチごっこですが、楽しいです。

 

エキスパートメールは、つねに開発を続けてます。

それは、結果がでるシステムを作るため。

 

他のメール配信システムの開発者が、

メルマガを配信してますか?

お金を稼いでますか?

 

稼げる配信システムの開発、それが、私の使命です。

 

今回みたいなトラブルがあると、

全体の開発スケジュールが遅れますが、

ひとつの配信サーバーに、

ドメインを4つの発想とか生まれなかったです。

 

エキスパはつねに進化してます。

今後とも、エキスパ よろしくお願いします。

 

追伸

いま、エキスパ使ってないと、

来年稼げなくなりますよ。

他の配信システムを使っている人は、

早めに移行してください。

先行者利益、逃しますからね。 ニヤリ

 

すごいの作っているので、

来年をお楽しみに。 ^^/