子供教育の極意

20131117

七星です。

 

ここ最近、やってよかった事ですが、

これは、スタッフや弟子、生徒も同じで、

誰かに何か、教育をするとき、

ここを気をつけると、

いいというポイントがあります。

 

いまの私がいるので、

この部分は長けていたと思います。

 

何かを教えるとき、この2つは意識してます。

 

・ 自分ができる事か?

・ 自分がやった事があるか?

 

逆に、この2つに当てはまってない事を、

人に教えたり、指示を出すときは、気をつけましょう。

 

例えば、私には、いま、忍者が7人います。

 

奴隷募集で応募してきた人達 なので、

私は、ぼろくその扱いです。

 

自衛隊や職人時代の、七星明なので、

なにかミスをしたら、

すぐに帰らせます。

また、すぐにクビにします。

 

でも、はっきり言いますが、

私の方が、100倍できます。

 

掃除や、ゴミ片付け、七星バーの準備、

すべて、私のほうが、手際よいし正確です。

 

なので、私に何を怒鳴られようが、

忍者達は、私の言うことを聞きます。

 

だって、私のほうができるもん。

 

自分にできる事か? これはすごく重要です。

 

そして、もしできる事なら、

それは、一度、見せてください。

 

これがすごく重要で、

口ばっかで、何もできなさそうな上司とか、

死ねばいい!

 

できるなら、見せる。1回だけでいいので、

本気のあなたを見せるべきです。

 

それから、しっかりとできないことを教える。

これは、あたり前だけど重要です。

 

子供は親の背中を見て育ちます。

 

最近、家で本を真剣に読んでいるのを、

子供たちに見せてます。

 

これは、結構効果ありましたね。

 

できることは、見せてから、教育する。

 

ぜひ、意識してください。

 

そして、次が、

自分がやった事があるか?

 

あのね、やった事もないのに、

教えたり、指示だしちゃダメですよ。

 

私は、このことに注意してます。

 

会社で、指示を出すときも、

自分がやった事かどうか、意識してますね。

 

・まったくできない。

・やったことある。

・できる。

 

できるなら、見せたほうがいいけど、

指示を出すばっかりの上司とか、そういう奴も死ねばいい!

 

なので、最近、子供に何か教える時は、

いっしょにやることを意識してます。

 

当たり前のことですが、できない親、上司が多い、

1週間の予定表を作るときは、いっしょに作ってみる。

 

あとは、親の予定表も一緒に作って、見せる。

同じことをやって見せる。

 

できる事を見せるのは、プロ級の実力があったほうがいいけど、

これは、行動することに意義があることなので、

一緒に実践するだけでもいいです。

 

口ばっかの、社長、上司、親、先輩とかにならないために、

 

・ 自分ができる事か?

・ 自分がやった事があるか?

 

この2つを意識してください。

 

当たり前のこと、できてますか?

ぜひ、あなたのアウトプットをコメントしてください。