見積書の書き方

0sl4giog

七星です。

・ 見積書

・ 請求書

・ FAX送信状

・ 小切手

こういうビジネス的なことを、

知らない人が多すぎ、

そんなお子ちゃまビジネスマンが、

ネットでお金を手に入れても、長続きしません。

見積書の書き方ひとつで、

利益が変わりますからね。

今日は、見積書の書き方を教えます。

見積書とは、

仕事への対価の、根拠を説明するものです。

なので、この説明がうまければ、うまいほど、

多くのお金をもらうことができます。

私は、職人時代、

この見積書の書き方で、利益をあげてました。

今日は、見積書のコツを

4つほど書きます。

・ バラバラにする

・ 単位を変える

・ わかりづらくする

・ 税別表記

■ バラバラにする

例えば、

※お見積書※

システム開発費 100万円
消費税       5万円

合計見積    105万円

という見積書は、一番最低です。

これを、どれだけ、

バラバラにするかが、すごく重要です。

もし、私なら、

内容 単位 単価 金額 と、

バラバラにしてつくります。

システム設計
20時間×5,000円 = 100,000円

データーベース作成(SQL)
30時間×5,000円 = 150,000円

内部プログラム打ち込み
50時間×5,000円 = 250,000円

システムエラーチェック
20時間×2,000円 = 40,000円

お打ち合わせ
0.5人日×50,000円 = 25,000円

と書きますね。

で、これから、再度考えてます。

これを、どうやって100万円にするのか。

まず、

打ち合わせで、0.5人日×5万円と書きました。

ここで、この人は、1日 5万円の日給の人と認識させてます。

それにともなって、

時給5,000円で、10時間働いて、

5万円という認識を相手に与えます。

あと、システムチェックは、技術はいらないから安くなってます。

これも、しっかりと金額を考えているという表現です。

でも、まだこれだと、56万円なので、

もっと項目を増やします。

システム設計
25時間×5,000円 = 125,000円

データーベース作成 (SQL)
40時間×5,000円 = 200,000円

内部プログラム打ち込み (PHP)
60時間×5,000円 = 300,000円

ユーザーページ作成
30時間×5,000円 = 150,000円

管理システム作成
10時間×5,000円 = 50,000円

サーバー構築 (外注 詳細別途)

一式 200,000円

システムエラーチェック
30時間×2,000円 = 60,000円

お打ち合わせ 2回
1人日×50,000円 = 25,000円

合計金額 1,110,000円

値引き - 110,000円

最終お見積 1,000,000円(税別)

この見積だと、実働20日で完成です。

でも、実際は、10日分ぐらいの仕事量でないとダメです。

そうすると、この人の日給は、10万円になります。

■単位を変える

㎡ と m の違い。

建築系の日本の規格は、

0.9m 単位が多いです。

なので壁紙の横幅は、0.9mです。

となると、

メートルの単位計算と、

平米の単位計算だと、

メートルの方が、お得です。

例えば、90㎡ は、 材料のメートルにすると、100メートルになります。

なので、

90㎡ × 1,000円 = 9万円

100メートル × 1,000円 = 10万円

同じ仕事量なのに、

単位を変えただけで、値段が変わります。

あと、キログラム とか トン

でも、見え方が変わります。

1トン 500万円 は

1キロ 5000円  です。

0.1トン × 500万円 = 5万円

1000キロ × 5000円 = 5万円

どっちが安く感じますか?

トン計算のほうが、安く感じます。

このように、単位を変えることで、

売り上げが上がったり、

安く感じさせることができます。

■ わかりづらくする

これは、難しい言葉を使えば使うほど、

お客様は、考えるのが面倒になり

なおかつ、すごい事をするんだ~~って勘違いをします。

例えば、先ほどの例をとってみると、

システム設計
20時間×5000円 = 100,000円

データーベース作成(SQL)
30時間×5,000円 = 150,000円

内部プログラム打ち込み
50時間×5,000円 = 250,000円

システムエラーチェック
20時間×2,000円 = 40,000円

お打ち合わせ
0.5人日×50,000円 = 25,000円

これを、わかりづらくしますね。

SQL Server構築 (OracleとSQL 相互システム)
20時間×5,000円 = 100,000円

SQL Server実装 (CSK Winテクノロジを使った実装)
30時間×5,000円 = 150,000円

PHP4内部システム、(Zend Engine方式での実装)
50時間×5,000円 = 250,000円

全システムの互換性確認・バクの全チェック
20時間×2,000円 = 40,000円

いま、適当に調べて、それっぽい単語を入れましたが、

なんか、わかりづらくなって、すごそうになったでしょ。

ただ、勉強家の人とか、見積をしっかりと見る人

知識がある人には逆効果になります。

これは、素人向けに使うテクニックです。

■ 税別表記

あと、一番簡単なので、

消費税は、別の表示にしてください。

見積書は、販売価格ではないので、

税込みする必要はないです。

なので、少しでも安く感じてもらうために

税別表記にして見積を作るのは必須です。

まとめると、

見積書はウソをついてください。

そうしないと、今の時代食べていけません。

もちろん、他社がいる場合は大切ですが、

私の場合は、他社がいる場合は、見積をだしません。

だって、儲からないもん。

綺麗ごとは、お金を稼いでから言いましょう。

このようなテクニックは、見積書を書いている人なら

当たり前に知っていることです。

職人時代、このように、見積書を、何千枚も書いてきました。

建築系の見積書は、一枚作るのに、

すごい経験と知識が必要で、頭をめちゃくちゃ使います。

リフォームの見積書は、ベテランでないと作れません。

ひさしぶりに、見積書を作る、頭を使いしました。

参考になれば幸いです。

ためになったという方は、

社長ブログランキング、よろしくお願いします。 m--m

コメント

  1. 七星先生

    いつもお世話にっております。

    今回は見積書の作り方ということで、
    今までは見積もりをとる立場だったので、全く考えたことがありませんでしたが、
    今後の見積書の見方を変えてみます。

    そして、先週のセミナーで閃いていた
    「綺麗事は、お金を稼いでからにしましょう」というネタを、
    このような使い方をするのか。
    という視点で読ませていただき、自分のメルマガの参考となりました。

    すぐには、七星先生のようなネタの使い方は出来ないかも知れませんが、
    しっかり勉強していきたいです。

    ありがとうございました。

    占部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。