ボーナスを渡すタイミング

bounus

七星です。

 

小学5年生の時に、

母親の一言を覚えてました。

 

私が子供のころ、

親は、

・ 婦人服
・ 手芸ショップ
・ 雑貨屋
・ カラオケ
・ コーヒーショップ

とかの店舗経営をしてたので、

従業員が沢山いました。

 

そして、12月になると、

親が苦しそうに言ってました。

 

「 ボーナスを払うのが大変だ 」 と・・・

もし、ボーナスを払えない時の対応方法を、

小学5年生の時に、母親から教えてもらいました。

 

先日、全スタッフに、ボーナスを支給しました。

 

私的には満足できない結果なので、

本当は渡したくないのですが、

会社的には、もうかっているので、

それなりに査定して渡しました。

 

で、ボーナスを渡す日ですが、

できれば、11月がいいです。

 

これは、母親から教わったのですが、

 

■ 母親の教え ■

 

あきら。いいかい?

 

今年は、お金がないから、

従業員に、あまりボーナス渡せないの、

そんな時、どうすればいいかわかるかい?

 

こういう時は、先に渡して謝るといいのよ。

 

12月にもらえると思っていたのに、

11月にもらえると、それで嬉しいでしょ。

 

その時、今年は大変だから、

これしか渡せない。と説明する。

 

これで、多少はごまかせるのよ。

 

■おわり■

 

なんか、覚えてましたね。

 

スタッフを驚かす工夫をすると良い。

 

ただし、これも難しくて、

あまり多用すると、当たり前になるので、

結局は、バランスですね。

 

社長としては、ボーナスを渡すと、

今年の仕事も終わったと、ほっとします。

 

やっぱりスタッフもボーナスは気になるみたいで、

ボーナスを渡した後は、ほっとしてるようにみえます。

 

本当は、結果に満足してないけど、

会社は儲かってるし、

来年もがんばって欲しいから、ボーナスを渡す。

 

査定で下がった人がいる分、はやめに渡してあげる。

 

これが、生き金 理論のひとつですね。

 

せっかくお金を使うなら、少しでも効果的に使いましょう。

 

うちのスタッフできちんと理解してる人いるのかな?

 

生きたお金の使い方セミナー開きたいな~~~

 

参加したい人、何人いる?

クリックして。

※今日の日刊メルマガにあるURLをクリックしてください。