嫁という言葉を使うな!っと怒られました。

yome_

七星です。

 

■下記のメールを貰いました。■

○○と申します。

あなたのメールを読むと、「自分はいい男だ」と言わんばかりですね。

で、いい女の条件を読むと、

男性に都合のいい存在であること、と解釈できます。

女性の私からすれば、
自分の配偶者を「嫁」と呼ぶのは、
ダメ男の判断基準の一つです。

ヨメというのは、息子の配偶者です。
あなたには、結婚した息子さんがいらっしゃるのですか?
自分の配偶者をまともな一人の女性として考えている人であれば、
嫁という言い方はしないのではないでしょうか。
妻と言うべきでしょう。

お金を稼げることがいい男の条件ではありません。
勿論、多少はあるでしょうが・・・。

メール解除の連絡をしようと思いましたが、
その前に、一言、ご忠告を、と思い連絡させて頂きました。

ダメな夫をなんとか支えてくれているすばらしい奥さんのことを、
一人の女性として”妻”と呼ぶこともできないような人が、
自分がいい男であるかのように勘違いをして、
このようなメールを配信なさるのは、滑稽でさえあります。

いい男として認められたければ、
「俺はいい男だぜ、」と喧伝するようなメールを送る前に、
まずは、ご自身がちゃんといい男になって下さい。

返信無用です。

■ここまで■

 

嫁という言葉は、二度と使いません。

 

なぜ、私が嫁という単語を使っていたのか

じつは、私は、単語の持つ力を、

人一倍理解しています。

 

なので、私は、女性の事を、

女という単語で、表現した事は、

一度もないです。

 

男の事は、男と書きますが、

女性のことを、女と書きません。

 

必ず、女性と書きます。

 

なのに、なぜ私は、

嫁という単語を使っていたのか。

 

それは、2年前までは、女性をターゲットにして

ビジネスをしてなかったからです。

 

じつは、2年前まで、

女性は私のメルマガは登録禁止でした。

 

登録フォームに、女性不可と書いてました。

 

なので、読みたい人は登録していいけど

批判は一切受け付けない。

 

そういうスタンスでした。

 

ただ、東京ビックサイトの6000人セミナーから

女性もどうしても、セミナーに来るので

しかたがなく、女性もOKにした経緯があります。

 

今では、私のセミナー女性比率が

半分を超える時もあるくらいです。

 

嫁という単語は、

女性から見たら、差別用語ですが、

男性から見たら、

カッコいい~って感じる単語です。

 

なので、最近は、記事によっては、

嫁という単語を使わない時もあります。

 

奥さんとか、

妻とか使っている時が増えてきました。

 

この怒っている女性のメルマガは、

ステップメールで、5年前に作ったもので、

男性をターゲットにしている時のものです。

 

なので、ちょっとこのステップも

そろそろ作り変えないといけません。

 

女性が、不快に感じることは

解っていたのですが、今回しっかりと、

女性も意識した文書も書きたいと思います。

 

ただ、私は現在、

地位的にも、綺麗なブランディングをしないといけません。

 

なので、どんどん、面白くない男になってます。

 

5年前のギラギラした頃の私は、

他人の批判なんて、ものともせず

わが道を進み、「女性はアクセサリーだ~」

っと、公言していました。

 

でも、凡人の貧乏人が、成り上がるには

人と同じことをしてはダメです。

 

尖った男になって、目立つキャラクターになる。

 

その時の名残りが、今回の嫁という単語です。

 

ケンカ映像も、ここ最近、

大きく使ってなかったですからね。

 

私は、これから、当たりさわりない男になりますが、

これからお金儲けをしようって人は、

ドンドン尖ってくださいね。

 

 

妹の考えには同意できません。

doui_4

 

七星です。

 

最近、経費が上がりすぎなので、

『 経費削減をしろ 』 と、すげ~言われます。

 

先月、今月とか

見込み客ゲッターを売ったし

そこそこ売り上げたので、

おとなしくなると思ったのですが、

『 売上が上がると、税金が上がる。

心配だから、やっぱり経費削減。 』

っと、言われました。

 

で、言われたのが、

『 従業員のお給料が高い、年棒制にして、

もっと抑えることができないのか? 』

 

『 上がる一方で、下がることがない。

おかしい。 』と言うのですが、

なんか、聞いてて、笑えてきて

怒る気にもなりませんでした。

 

本当に儲かっている会社には、

3パターンあります。

 

ここをまず理解して頂きたいです。

 

まず、ひとつめ

従業員を安月給で、夜遅くまでこき使って

残業代も払わないで、会社の利益を出す

そんな、ブラック企業

 

そして、もうひとつは、

お客さんや提携先をうまく操り

大きなグループを作って、

親会社や本体だけが儲かる

システムを作った会社

セブンイレブンとか楽天です。

 

セブンイレブンのオーナーさんは

全然儲からない仕組みで

儲かるのは、フランチャイズの本社です。

 

楽天も、ショップさんで、本当に儲かっているのは

ごく一部で、他の大半のショップさんは

儲かってません。

 

最後が、良いシステムを提供して

沢山のお客さんが使ってくれて

少ない経費、楽して稼いでいる会社

サイバーエージェントとか

パズドラのガンホーとか、

LINEとかですね。

 

私は、三番目の、良い商品を、

多くの人に使ってもらって、

みんなで、ワクワクしながら

いい生活をしたいです。

 

私の格言で、

まずは、自分を幸せにして

次に、家族を幸せにして

次に、スタッフや仲間を幸せにして

最後に、お客様を幸せにする。

 

自分が幸せでないのに、

家族を幸せにはできません。

 

家族を幸せにできないのに、

スタッフや仲間を幸せにできるはずがない。

 

そして、自分の身近な人たちが幸せでないのに、

お客様を幸せにはできないと思います。

 

そう考えると、スタッフの幸せは、

私にとって、重要な要素です。

 

なので、今回みたいに、

妹が、会社のためを思って

経費削減とはいえ、スタッフのお給料について

多すぎる、とか言うのが笑えました。

 

確かに、税務上無理がある住宅手当とか、

お昼代、ジム代とか、

無駄金を使ってて、それに対して

スタッフが当たり前という態度になっている

それに、彼女は腹がたっているそうですが、

私の考えだと、お給料が安くてゴメンね。

という気持ちがあります。

 

私としては、スタッフ全員に、

最低でも、年収1000万円はあげたいと思ってます。

 

現実問題、全員には難しいのは解ってますが、

私自身、年収1000万円以下は、ダメって、

言っているのですから、

うちの会社でしっかりと働いてくれるなら、

それくらいは支払える体制は必要です。

 

これは、システムとか、会社の仕組みを

自動化して、少数精鋭で高利率の会社を

作らないといけいないので、いろいろ大変ですが、

 

なので、私としては、今現在、

1000万円に達してないスタッフに対しては、

ごめんねっていう気持ちがあります。

 

それは能力的に貰う資格がなくても、

仕組み作り、商品が悪いとか

会社の責任があると考えているからです。

 

少しでも、スタッフを安く使って

会社の経費を安くしようする。

 

妹の考え方は、怒りを通りこして

笑えてきました。

 

でも、これが普通の考え方なんでしょうね。

 

三年以内に達成したい目標は、

勤務年数4年以上は、

全員、年収1000万円以上かな?

がんばってください。私もがんばります。

 

スタッフのお給料を、値切る。

 

安くしようとする経営者を、私は軽蔑しますね。

 

妹の考えは、怒りを通りこして笑えました。

 

彼女みたいな考えが、日本をダメにします。

 

でも、私の考えでは、経営は成り立ちません。

 

性格が間逆な妹と、私の攻防は

これからも続きそうです。

 

 

七星が考える 3年後の日本

line01

七星です。

 

ネットビジネスについて

3年後の日本について

私の考えをお伝えします。

 

今日は、まじめな事を書きますね。

 

それは、3年後の日本です。

 

やはりLINEが重要です。

 

これからの日本は、LINEが何をするかで

大きく変わると思います。

 

今回、LINEが一気に勢力を伸ばしたことで、

一番重要視していることが、

小学生、中学生、高校生と

10代に流行ったシステムだと思います。

 

携帯メールの変わりに、

いまは、LINEを使わないと、

コミュニケーションができない。

 

そんな時代になりました。

 

いぜん、フェイスブックの時も

私は、もしかしたら、フェイスブックが

重要になるかも知れないと。

少しだけ感じたけど、結局

そこまではなかったです。

 

でも、今回、このLINEは間違いないですね。

 

これから日本は、このLINEを中心に

ビジネスが決まります。

 

ヤフー グーグルの次

3つのめの巨大勢力の誕生です。

 

私は、前々からヤフーと、グーグルにだけは、

逆らわないようにビジネスを展開してましたが

これからは、LINEをしっかりと意識して

ビジネス展開をしていきます。

 

なので、これから、私はLINEをしっかりと

リサーチして、みなさんに

情報を提供していきたいと思います。

 

そこで、考えていただきたいのが

未来予想の仕方です。

 

LINEの今後の動きを予想するのに

必要な考え方があります。

 

それはなにか?

 

他社勢力です。

 

日本の未来は、

LINEが中心になると考える時に、

必要な他社勢力を考えましょうか

 

まず、

携帯三社 ドコモ au ソフトバンク

携帯OS会社 グーグル アップル

電波法や税金 日本国

グーグルとアップルを優遇したい アメリカ

大きな勢力は、こんな感じ、

 

ここに書いた勢力が、自分の利益を考えて

各勢力が持っている武器を使って

LINEを操ろうとしてきます。

 

携帯OS会社は、仕様変更とか

課金のパーセントとか

携帯三社は、LINEを排除したかも知れません。

 

そうなると、国が電波法を使って

新しい税金を作るかも知れません。

 

それをアメリカが阻止するかもしれません。

 

これは、軽く考えただけで、

間違ってますが、ここで言いたいことは

集団心理をしっかりと分析してから

物事の大局を考えることが重要で、

いろいろ考えると、3年後のLINEは

・楽天
・まぐまぐ
・モバゲー
・アメブロ

が合体した、

総合ポータルサイトになる可能性が高いです。

 

または、新しい形のショッピングサイトになります。

 

たぶん、楽天を越すかも知れません。

 

6年前ぐらいの楽天をイメージすると、

似たような動きをするかもね。

 

カード作ったり、銀行作ったり

保険会社始めたり

そしたら、楽天の歴史を勉強してください。

 

どちらにせよ、いま

LINEも模索している段階なので、

あと半年ぐらい様子を見て、

これからは、LINEが出す、

新しいサービスを使ってビジネスをすると、

簡単に年商1億円ぐらいは作れて

人生やビジネスの土台を、作ることができます。

 

LINEビジネスは、数年に1回のチャンスです。

 

ぜひ、乗り遅れないようにしてください。

 

今日の話がためになった人は、

よければ、ブログのコメント欄に

何か書き込んでから、

ブログランキングをクリックしてくれると、

嬉しいかな~~

 

 

1 2 3 4 5 6 7