私には、大きなトラウマが2つあります。

1426482_88486119

七星です。

 

私の特技は、

失敗を恐れない、行動力と、

失敗を乗り越える、精神力です。

 

そして、失敗とは、

大きなトラウマを手に入れる、

最高のチャンスです。

 

今日は、私のトラウマをお話します。

 

私には、大きなトラウマが

2つあります。

 

1つが、頭が真っ白になった瞬間

2つめが、女性にバカにされた事

この2つのトラウマを乗り越えるため

私は、自己成長を繰り返してきた

そんな気がしてます。

 

頭が真っ白になった瞬間は、

7年ぐらい前だと思いますが、

講師になるためのセミナーに参加しました。

 

そのセミナーでは、

20人ぐらいの前で、

ミニセミナーを開く講義をするのですが、

当時、あがり症だった私は、

人前にたつと、全く話ができません。

 

結婚式のスピーチとか、もってのほか

苦手中の苦手です。

 

そして、卒業試験のミニセミナーの時

意気込みすぎて、完全に頭が真っ白

5分間のセミナーですが、

壇上に立ってから、5分間、

ずっと、下を向いたまま、

一言もしゃべらず、終わってしまい

受講生が52人中、私、ただひとりだけ

卒業できなかったという事で、

私のダメダメぶりが解ります。

 

でも、その時の経験、

このトラウマをいつか克服したい

その気持ちから、

小さいセミナーを繰り返して、

たぶん、ビジネス系の単独セミナーでは、

私が始めてだと思いますが、

東京ビックサイトで、6000人セミナーを開きました。

 

あの時の私のトラウマは

この瞬間、大きな結果となって克服しました。

 

たぶん、あの時に、

講師になろうと行動して、失敗をしなければ、

今の私はいないと思います。

 

これは、セミナー講師としての私の成功です。

 

で、2つめのトラウマが、

女性から受けた屈辱です。

 

5年前ぐらい前に、

お金持ちのボンボン達が

集まるホームパーティーに参加して、

ある女性と話してる時に、

その女性に苗字を聞きました。

 

そしたら、その女性が言いました。

 

「 私、二度と会わない人には、苗字を教えないんです。」

 

屈辱ですよね。

 

そして、帰りの車の中で、

私と、私の友人、とその女性だったのですが、

友人の連絡先は聞くけど、私のは聞かない。

 

私の人生の中で、

これほどの屈辱を受けたことはなかったです。

 

しかも、何がイヤって、

その女性は、当時26歳ぐらいかな?

 

東大の大学院に通って

細胞学について、研究してて

国から年間6000万円の予算を貰っている

公家のお嬢様

ようは、苗字を言うと、

家元が解るから教えたくない。

 

当時の私とは、次元が違う人でした。

 

その日の夜は、悔しくて寝れなかったです。

 

あの時から、俺は、いい男になって

この女を見返してやる。その気持ちでいました。

 

そして、今の私の考えですが、

その子に、ごめんなさい と伝えたいです。

 

私が嫌な思いをさせたんですよね。

 

面白くない。楽しくない。時間の無駄。

 

もちろん、結構ひどい事を言った子ですが、

そのような事を言わせたのは

男として私の責任で、

今だったら、きちんと、政治の話とか

食事の話、服装や、ブランド

同じ情報を共有して、

お互い知らないことを教えあう。

 

そんな関係ができますが、

当時の私は、

何の魅力もない男だったって事です。

 

あの女性に認めてもらえる男になろう。

それが、私の目的でした。

 

人って単純な理由で動いたりします。

これが私の力の源流でした。

 

今は感謝してますね。

その子のおかげで、今の私がいます。

 

一度、大きな失敗をしてください。

 

その失敗は、数年後、

大きな結果に繋がります。

 

私はそうやって結果を出しました。

 

ps

塾生に、2万円渡して、

名刺デザインをお願いしました。

 

そして、びっくりするくらい

酷いデザインがあがってきて、

塾内で、さらし者にしちゃいました。

 

あれはトラウマになったと思います。

 

でも、乗り越えてくれると信じてたのですが、

2回目のデザインは、素晴らしく

やっと解ってくれたと思います。

 

もっと、塾生に、ビシビシいった方が

人は成長するのかな~~

鬼講師キャラで行こうかな~~