会議室を作ろう。

meeting1

 

 

七星です。

 

会社が大きくなって

もっと早くやればよかった事があります。

 

それは、会議室をしっかりと

作ればよかったです。

 

今日はどの規模で、

どの程度の会議室が必要かお伝えします。

 

まず、

会社規模が、ひとりでも、

会議用の小さい机はあった方がいいです。

 

ひとりなのに、会議って笑えますが、

人の脳は、考えるというスイッチがあり

そのスイッチが入ると、いろいろな

アイデアが出てきます。

 

会議室とは、アイデア、考えるという

時間を強制的に作る場所です。

 

私は、

・仕事をする場所

・食事をする場所

・寝る場所

この3つが同じ場所だと

脳が、しっかりと働きません。

 

辛くなってくると眠くなったりします。

 

それと一緒で、

考える場所をしっかりと作ることで、

会議室 = 集中する場所 となります。

 

なので、

ひとりでも、会議テーブルは作ることを

おすすめします。

 

そして、2人になった瞬間から

しっかりと会議室を作りましょう。

 

空間として孤立してた方がいいです。

 

ホームセンターで、1,000円の

パーテーションを使うとか、

隔離された空間を演出することが重要です。

 

そして、気軽に行けることが重要です。

 

会議室は、開放的な感じがいいです。

 

隣の部屋とか、すぐに行けることが重要です。

 

今回、事務所を引っ越したことによって

気軽に入れるように、入り口付近に

会議室を2つ作ったことで、

会社が一気に動き出しました。

 

ノートPC用の大型モニターとか、

ホワイトボードとか

当たり前ですが、ここら辺に

しっかりとお金をかけることで、

会社の意識がしっかりとしました。

 

もちろん、会議室はあったのですが、

ここまで重要だとは、もっと早く、

この事に気がつけばよかったです。

 

大企業の無駄な会議は別ですが、

中小企業、10人~50人規模の場合は、

頻繁に会議をするべきで、

 

ワンマンにならないためにも、

週に2回 リーダー会議

毎日1回 チーム会議

会社が成長している最中は、

会議の数だけ、

みんながまとまる気がしてます。

 

やっぱり、綺麗で広い事務所は

ビジネスには必要ですね。

 

会社を始めるときは、借金をしてでも、

大きな事務所を借りた方がいいです。