メルマガは1500文字が理想

sekibann

七星です。

 

先日、地味にモテる内容を

メルマガで発行しましたが、

文章が長すぎるという、

コメントが多々ありました。

 

じつは、ちょっとテストしてみて

思った通りの反応で笑えました。

 

文字数の多いメルマガを

発行する人も多いけど、

やっぱり、メルマガは

1500文字程度がベストだと思います。

 

前回のメルマガは

測定したら、2400文字でした。

 

で、いろいろテストしたり

自分で感じることを見ると、

面白い内容でも、

人は、1500文字以上は、

疲れてきて、集中力が欠けます。

 

私のメルマガのスタンスは、

1分でも読めて、

10分でも楽しめる

1時間でも、じっくりと勉強できる。

 

そんなメルマガを考えてます。

 

そうすると、2400文字だと

1分の時間で楽しんでる方には

苦痛だったみたいです。

 

なので、1500文字に収めるべきでした。

 

ただ、楽しくない内容とか

無理に引き伸ばす必要はないのですが、

いま、この段階で、500文字程度なのですが、

ここで書くのをやめると

印象がうすく、次に繋がりません。

 

なので、感覚的には、

1000~1500文字ぐらいで、

できるだけ濃い内容を心がける方がいいと思います。

 

そして、普通だと、

ここでメルマガを終わらす人が多いですが、

やはり、まだ700文字程度なので、

もう1つひねった表現が必要です。

 

なので、みんなに教えたいことが

つねに、文字数は気にしてください。

 

よく、フェイスブックでも、

はじめましてで、メッセージをくれる人や

セミナーで名刺交換して、

メールをくれる人で、石版メールをくれる人がいます。

※石版メールとは、改行がなく、文字が並んでいるメール

 

こんにちは・・・こんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちはこんにちは

 

こういうメールで送ってくる人

 

このような人は、精神的に問題を抱えている場合が多いです。

 

で、一番最初の理想の文字数は、

200文字~400文字 それ以上は書かない方がいいです。

 

まず、読んでもらえません。

 

下記で文字数をカウントできます。

⇒⇒⇒ 文字数カウンタ

 

つねに自分のメールや、

文章の文字数を意識してくださいね。

 

これで、900文字ぐらい

ちょっと少なめで、印象に残す程度の文章量です。

 

今日の内容が参考になった方は、

ぜひ、社長ブログランキング、クリックしてください。

 

 

携帯を紛失しました。

gateway

 

七星です。

 

先日、携帯電話を無くしました。

 

私は、すごくおっちょこちょいで、

月に一回のペースで携帯を紛失します。

 

今日は、おっちょこちょいが得をする話です。

 

私は、すごくバカなので、

よく失敗をします。

 

先日も、携帯電話を紛失してしまい

通常なら気がついた時に、バタバタしそうですが、

先日は、まったく動じませんでした。

 

私の心境は、

「 あ~あ~ 携帯見つからないな~~~

どこで無くしたんだろうな~」

って、感じで、あまり心配しませんでした。

 

その理由は、過去に、何回も無くしてて、

きっと戻ってくるだろうってことも解っているし

そのときの対処方法もよく理解しているから。

 

いつものパターンは、

タクシーに置き忘れる。

 

この場合の対応は、夜なら諦める。

 

帰って寝たほうが楽

次の日の朝に、

領収書を見て、タクシー会社に電話して

バイク便を使って、持ってきてもらう。

 

昼前には届いて、料金は、5,000円ぐらい

領収書をもらってないと、

結構、めんどください。

 

タクシー会社どこだったかな~?

タクシーセンターに連絡して、

あぁ~だ、こぉ~だ。ってなりますから。

 

ようは、私がバタバタせずに

冷静でいられるのは、対処方法と、

費用やデメリットが、わかるから

どうでもいい。

 

仮に、紛失した携帯が見つからず

本当に紛失したとしても、

アイフォンは、アップルIDと、

パスワードさえ知っていれば、

全てのデーターが復元される。

 

またアイクラウドを設定してあれば

写真も全て復元されます。

 

その場合は、アイフォン代金

7万円ぐらいのダメージです。

 

7万円って言っても最近は、

ローンで機種を購入できるので

負担が低く感じます。

 

携帯を紛失した時の

対応方法を、全てわかっているから

どうでもいいことなのです、

それは、過去に10回ぐらい

お店やタクシーに忘れた経験があって

失敗は、すればするほど大きな経験になります。

 

私の考えで、一人前の職人の条件があります。

 

それは、自分のミスを、自分で直せる職人が

一人前だと思います。

 

紛失しても、バタバタしない為に

前もって3つの準備を整える必要があります。

 

アイフォンを使っている人向けですが、

上記でもお話した

・アップルIDとパスワードをメモしておく

・アイクラウドを設定して、パソコンと同期する

そして、

・LINEにメールアドレスを登録する

LINEの設定で、メールアドレスを登録しておくこと。

 

これをしてないと、携帯を紛失してしまうと

LINEのデーターが全て消えてしまいます

 

この3つをしておけば

お金の問題だけで解決できます。

 

少し言い方がいやらしいですが、

新しい機種を用意するだけで

紛失する前と同じ携帯が誕生するのです。

 

よく忘れてる七星からの

アドバイスです。

 

ちなみに、今回、ひとつだけ

大きな問題があったのですが、

10,500円だと思って

レジに持っていったら

『 お買い上げは、105,000円になります』

と言われて、内心 うわ~やっちまった。高いな~と

思ったけど、断ることができなくて買った

とても高価なアイフォンケースをつけていたので

紛失していたら、ちょっとショックでしたね。

 

きちんと見つかってよかったです。

 

私、七星明は

よく物を落とす、すごくおっちょこちょいな性格だけど

10万円と言われても素直に断わることができない

とても見栄っ張りな性格なのでした笑

チャン チャン^^/

 

6億のソムリエさんに涙しました。

IMG_0739 IMG_0740 IMG_0779 IMG_07801 IMG_0787 IMG_0788 IMG_0797

 

七星です。

 

先日、ル・モンラッシェを飲みに、

ホテルオークラに行きました。

 

ワイン、食事代金だけで、

33万円かかりました。

 

でも、それ以上のものが手に入りました。

 

江口さんという、ご自分でさっと、

『私は、世界で一番、ロマネコンティを空けてる

ソムリエです。』 と言って、

世界一という言葉、あまりにさらっと言うので、

聞き逃してしまい、聞きなおしました。

 

さらっと、世界一って、私も言ってみたいです。

 

私は、ワインはあまり詳しくないです。

 

いつも、料理に合わせて、ソムリエさん任せなので、

知識は少ないです。

 

今回、本物のソムリエさんのお話を聞いて、

なんか、涙がでてきました。

 

年間1200本しか作らない。

 

最高級の白ワイン。

 

しかも、それを十年単位で割るのですから

全世界で、

年間100本ぐらいしか流通しないワインです。

 

そんな貴重なワインを、

年代別、生産者別に、堪能する。

 

ワインの歴史を聞きながら、

ワインだけを、味わう、そんな時間を、

3時間楽しんできました。

 

ワインではなく、ソムリエさんに勉強に行った

そんなワイン会でしたね、

正直、一回の食事で、33万円は、

私も躊躇してました。

 

「当日、やっぱり行くの辞めようかな~~」

 

「勿体無いな~~~」

 

「服とか、靴とかに使った方がいいのかな~~」

 

でも、まったく知らない世界、

ワインの最高峰の勉強をしに

ワインのセミナーに参加したと考えたら、

安い自己投資でした。

 

ソムリエさんに、

「ワインがすごく好きになりました、

これから勉強します。」

と伝えたら、

『ここがスタートだと、

これから大変ですね。』 と言われました。

 

でも、素晴らしい言葉です。

 

何を学びたかったら、

最高から学んだ方がいいと思います。

 

それ以上の感動は、なかなか難しいけど、

一度、最高の感動を味わっているから

つねに、努力ができる。

 

たぶん、普通のワイン会から、

入っていたら、

ワインについて興味を持ったと思います。

 

勉強しようとも思ったと思いますが、

続かなかったでしょう。

 

最高を体験できたから、

また、最高を体験したく感じて、人は努力する。

 

・ 一流ではなく、最高を体験しよう。

※格言入り決定

 

うん、ひさしぶりに食で感動しました。

 

ちなみに、UPセルが来て、

来週、今度は、赤ワインの会があるそうで、

誘われました。

 

行くっきゃないよね。 ^^;

 

ちょっと安めで、2人で、

25万円ぐらいで収まりそうです。

 

江口さんの写真を紹介します。

 

ロマネを600本空けているそうで、

1本100万円計算で、6億のソムリエです。

 

本当は、教えてもらったことを、

ここで書きたいけど、

この人の話を、文章で伝えるの無理。

 

うすっぺらい言葉で、私が語りたくない、

 

これまでに、あなたが体験した最高を、

ぜひ、コメントしてください。

 

赤も楽しみだな~~~

 

 

1 2 3 4 5 6 7