良い名刺交換 悪い名刺交換

SMA-3.3

七星です。

 

私は、累計で、セミナー講師として、

1万人くらいの人と

名刺交換をしていると思います。

 

いろんな人と出会うことで、

いろいろ見えてきた物があります。

 

今日は、良い名刺交換と、

悪い名刺交換 の違いを説明します。

 

セミナー講師からの目線での話ですが、

セミナー終了後に、名刺交換をしても、

効果という点では、すごく少ないです。

 

名刺交換の列に並んで、

30人中、1人とか埋もれます。

 

せっかくセミナーにでて、

講師と仲良くなって、

その人の力を借りる。奪う。

 

これが、名刺交換の本当の目的なのに、

他の人と同じことをしてもダメです。

 

私は、人と同じことをするのがキライです。

 

なので、人と違ったことをする事に

いつも、集中してます。

 

今回の、ネオニートに関しても、

水着ギャルを使ったのは、

他の人の映像と、一味変えるためです。

 

結果を出す人は、

他人とは違う行動をします。

 

では、私がセミナー講師と

仲良くなるための名刺交換ですが、

重要なのは、

・ 場所
・ タイミング
・ 何を渡すか

この3つです。

 

ここを、人と変えれば、

一気に変わります。

 

場所に関しては、

セミナー終了後の、壇上で交換は普通です。

なので、他の場所がいいです。

 

ただし、タイミングが重要で、

講師は、忙しいので、タイミングを逃すと

逆効果です。

 

もし、私なら、一番最初を狙います。

 

早い段階で、何か御土産を持参して、

控え室に行ったりして、挨拶します。

 

お花とか、何か持ってきてた場合、

スタッフに

『ぜひ手渡ししたいからお願いします』

と、言うと

なんとかしてくれる場合が多いです。

 

100人ぐらいまでの

セミナーだったら可能でしょう。

 

そして、ここで挨拶できたら、

一番前の席に座って、

ニコニコとうなずきながらセミナー聞く。

 

そして、終わったらあとに、

ある物と一緒に、再度名刺交換する。

 

今度は、一番最後です。

 

名刺交換の列ができたら、

最後まで待って、

自分なりの、セミナーの

評価シートみたいな物と一緒に

再度、名刺交換をする。

 

講師は、自分のセミナーが

どうだったか、が凄く気になります。

 

目の前で、しっかりと聞いてた人の評価が

講師が準備したアンケート用紙ではなく、

びっちりと、良い点、悪い点とか

書いてある、用紙をもらえたら、

すごく嬉しいです。

 

最初に御土産と一緒に、挨拶

セミナー途中に、ニコニコと受講

最後にも、評価シートを持って挨拶する

 

ここまでされたら、さすがに覚えますよね

もちろん、

しっかりとした身なりで、

オシャレな服装で、

人として、信頼できるオーラがあったら

もう、それで勝負ありですね。

 

自分で言うのも、なんですが、

私は、人からどう見られるか

姿勢、歩き方、服装、笑顔とか

気を遣ってます。

 

なので、上記のことを、

私が、しっかりとして、

誰かのセミナーにでて

最後に、お食事とか誘ったら、

高確率で、OKされます。

 

もし、そこに秘書っぽい

綺麗な女性を1人つれてたら、

間違いなく成功します。

 

コミュニケーションは、

細かい要因の積み重ねですが、

誰かと仲良くなりたいなら、

その人が何を考えているか、

予測することが重要ですね。

 

ちなみに、ネオニートの考えは、

自分でやらない。

誰かにやってもらうです。

 

私の特技は、

他人がどう感じるか、予測できる事です。

 

何かを、誰かに依頼した時、

このような言葉を言ったら、

相手がどう思うか。

 

そこが解れば、他人の力を自分の力に

置き換えることができます。

 

もともと、こんな特技を

もっていたわけじゃないです。

 

コツコツと訓練して、手に入れました。

 

ネオニート塾では、

私がもっとも得意とする、

心理学のノウハウも、しっかり教えます。

 

本日の日刊メルマガで、

映像を4つ公開してます。

 

勉強になるコメントも多数あるので、

ぜひ確認してみてください。