10億円も、100億円も同じ

100million

 

七星です。

 

先日、やずやの大番頭だった

西野さんとお会いしました。

 

やずや と言ったら、

マーケティングの原点で、6年前とか、

チラシを勉強させてもらいました。

 

その西野さんとの会食ですが、

すごく勉強になりました。

 

年商10億円までは、解っているし

簡単なのですが、

年商100億円とか、

想像できなかったのですが、

西野さんの一言で、

年商100億円が見えました。

 

私が、質問をしました。

 

「年商10億円は、見えてます。

でも、その上が見えません。」

 

この質問に対して、

西野さんに言われた言葉は、

 

『年商10億円も、

100億円も、500億円も、

やることは同じだよ。』

 

なんか、この瞬間、自分の中にあった

10億円の壁が音をたてて

崩れた気がしました。

 

そっか、同じなんだ~~

何も変わらないんだ~

あと、こうもおっしゃってました。

 

年商5億円の時は、

お客様が、5万人

年商500億円の時は、

お客様が、500万人

 

いま、やっている事を、

コツコツとすれば、

年商はいくらでも上がる。

 

ではないですからね。

 

みなさん、西野さんの言葉の裏

しっかりと理解してくださいね。

 

私が、この2つの言葉から読み取った事は、

年商10億円の時

お客様が5万人の時に、

 

すでに、システム的に、

しっかりと体制があり、

年商が500億円になっても、

お客さんが、500万人になっても、

大丈夫なシステムをしっかりと作っていた

そういう事です。

 

西野さんは、システムエンジニアで、

そのような組織や仕組みを作る天才です。

 

いま、私が、会社の仕組みを、

ゼロから作り変えているのですが、

間違ってなかったと解ったので、

すごく安心しました。

 

今回の出会いで、

西野さんと一緒に、

ビジネスをすることになりました。

 

なので、今度、

西野さんのセミナーを開きますので

楽しみにしててください。

 

年商500億円の仕組み作りを

しっかりと学びましょう。

 

ちなみに、西野さんとの出会いは、

ネオニートです。

 

福岡で開いた、ネオニートセミナーに

見込み客ゲッターの説明会だと思って

西野さんが参加したのがきっかけでした。

 

最初、ぜんぜん知らなかったので、

なんかオーラのあるおじちゃんだな~

って思ったのですが、

まさか、あの西野さんだとは

思いませんでした。

 

ちかぢか、セミナーを開くので

楽しみにしてください。

 

ちなみに、ネオニート塾の

お申し込みがすごいです。

 

本日配信の日刊メルマガで

詳しい内容を紹介してます。

 

希望者は急いでください。

※期間限定の発売です。