現金が、ドンドン消えていきます。

office08

七星です。

 

なんか、スタッフ10人ぐらいで、

年商3億円程度、高い利益率を誇って、

黙ってても、お金が入ってくる仕組みで、

スタッフみんなで、

楽しい生活も悪くないです。

 

年商3億円って、意外と簡単で、

これくらいは、ちょっとコツを掴めば

誰でもできると思います。

 

先日は、

アンケートありがとうございました。

興味ないって人もいましたが、

多くの方が、興味を持ってくれたみたいで

私も一安心です。

 

正確な数字は、

 

知りたい人 ⇒1569人

知りたくない人 ⇒192人

 

なので、これからは、全体の7割ぐらいは

企業を作る話をしていきたいです。

 

残りの3割は、

いろんなネタを出していきます。

 

社長!!

年商3億円の企業なんて

10年後に消えて無くなってますからね!

 

会社は最低限大きくなければいけません。

その理由を今日はお話します。

 

ネット業界で言ったら、

私は、10年ぐらいの歴史を知ってます。

この10年間で、

生き残った人は数少ないです。

 

一瞬稼げても、すぐに稼げなくなる。

宝くじと一緒で、

ダメになる人が多いです。

 

その中でも、

しっかりと10年後も稼げている人は、

組織にお金をかけている人です。

 

綺麗な事務所を借りて、

スタッフを雇用して、

自分の技術と経験をマニュアル化して

会社に継承する事に成功した人が、

長く稼げてます。

 

まず、

最初に年商億を稼ぐ企業を作りたいなら

事務所を借りてください。

 

年商億を稼ぐルール その1

「 事務所を借りましょう。」

 

自宅や、レンタルオフィスではダメです。

ちょっと無理してでも、

綺麗な事務所を借りるべきです。

 

この時に重要なのが、

お金より保証人です。

 

しっかりとした保証人がいないと、

なかなか貸してもらえません。

 

もし、保証人がいない人は、

保証金を上乗せするとか

一年分の家賃を前払いするとか、

お金を使って借りるしかないです。

 

理想の間取りは、職種にもよりますが、

20坪ぐらいの事務所は

最初から借りた方がいいです。

 

たとえスタッフがいなくてもです。

 

ここでお金がない人は、

借金をしてでも借りてください。

 

特に重要なのが、応接室と、会議室です。

この2つは、兼用してもいいですが、

無理に豪華にする必要はないけど、

しっかりとした部屋は必要です。

 

10年前の自分にしたいアドバイスは、

無理しても、綺麗な事務所に引っ越せ!

 

そして、その場合は、

必要だと思った間取りの

倍の広さを借りるべきです。

 

20坪ぐらいでいいや~

っと思ったら40坪とか。

 

私のビジネスだと、

 

年商 1億円なら、20坪ぐらい

年商 3億円なら、40坪ぐらい

年商 10億円なら、100坪ぐらい

 

が理想の事務所の広さになります。

 

あと、コピー機も、ケチケチしないで、

インクジェットプリンターとか使わないで

リースでもいいので、

しっかりとした複合機を入れるべきです。

 

組織を作って、

年商単位で億を稼ぎたいなら

環境が重要って事ですね。

 

結局、年収でビジネスをしている人は、

過去の経験で、

10年以内に稼げなくなりますね。

 

ある一定以上の年齢や、

ステージになったら、組織を作って、

年商でビジネスをしないとダメです。

 

無理のない理想の成長スピードが

 

20代は、技術を身に付ける

30代は、技術で稼いで、経験をつむ

40代は、経験を人に伝えて、組織を作る

50代は、組織や人に、投資して稼ぐ

 

だと思います。

 

実際に稼げるようになるのは、

人それぞれですが、

10年以上、自分の力で稼ぐのは疲れるし

おバカさんのすることです。

稼げるうちに、しっかり組織を作る。

そして、稼ぎのノウハウを、

組織に継承する。

 

組織を作りましょう!!

 

そのためには、

 

年商億を稼ぐルール その1

「 事務所を借りましょう。」

 

です。