カッコイイ!チップの渡し方

chip

七星です。

 

日本ではチップをあげる

習慣がないのですが、

チップは原則、1,000円でいいです。

 

私は1万円を渡しますが、

これは、次にお店に来た時、

予約がいっぱいの時とか、

良い席を取りたいからです。

 

お店にわがままがきくようになるし、

あと、渡した人も、

今後、特別扱いしてくれる。

そういう効果を考えてです。

 

では、1,000円でも、カッコイイ

渡し方をお伝えします。

 

これも難しいんだよね~~~

必要以上に出すと、死に金になるし、

この生き金、死に金の考えは、

すごくバランスが必要です。

 

まず、私は、ある程度のお金持ちなので、

チップは1万円を渡します。

でも、1,000円の時に、

ある一言を付け加えるだけで

カッコよくなります。

 

「少ないけど、素晴らしかったから

 受け取ってください。」

 

日本はラッキーで、渡す人が少ないから

1,000円でも十分効果があります。

 

その時に、「 少ないけど 」

と付け加えるといいです。

 

あと、私がよくやる手は、

第三者に渡してもらう。

 

例えばですが、

店長さんに、

 

「さっきの人、素晴らしかったね~

これチップで、あの人に渡しておいて」

 

と言って、一万円を渡すのは、

店長には、渡してないけど、

2人に渡した効果になる。

 

あと、ダンサーに渡す時も

踊っている最中に、男が渡しに行くのは

微妙に目立つので、

 

ここもあえて、その子と仲がいい子に

渡してきてもらうと、

これもダブルで効果があがります。

 

お金は、使い方で、

効果が何倍にもなります。

 

お金を稼ぐのが得意な人は、

使い方も得意です。

 

ところで、

昨日のメルマガを読んでくれた人から、

下記のメールを貰いました。

 

■ここから■

私個人としては、1,000円払いますが、

 

「チップを渡す習慣がない国だからこそ

そこがデキルと、

目立つしカッコイイのにね。」

 

っていうのはおかしいです。

逆に渡す習慣のない国で

渡すのはカッコ悪いと思います。

 

「あなた、どこの国の人?」って、

セルフツッコミを心の中でします。

 

本当にデキル男とは、

日本という国内のその場では払わずに、

手品が終わった後、

楽屋にお菓子の差し入れをするのが

本当にデキル男のような気がします。

■ここまで■

 

なるほど、確かにそうですね。

それもカッコイイですね。

 

でも、私が言いたことは、

効果があるお金の使い方の勉強。

 

チップの渡し方が、

ツッコミ入れられないように

スマートに出せればいいでしょ?

 

タクシー代とか、チップとか、お小遣い、

誰かにお金をあげるって、諸刃の剣です。

 

依存されたり、

もらって当たり前と思われたり

お金を貸してください、ってなったり

お金だけの関係になったり、

 

みなさん、お金持ちになりたいでしょ?

 

お金の使い方を、

しっかりとマスターしないで

お金持ちになっても、

裸の王様ですからね。

 

1,000円のチップを、有効活用する訓練

恥ずかしがらないで、やってください。

 

お金の使い方を勉強すると、

お金の稼ぎ方も学べます。

※格言入り

 

もう一度、言いますが、

 

チップ1,000円を、

カッコよく渡せない人って、

どうでしょうかね?