年商で億を稼ぐルール その2

money6_23

七星です。

 

年商で億を稼ぐシリーズですが、

10年前の私に言いた事は、

銀行とか、親戚でもいいので、

1000万~3000万円の借金を

タイミングが良い時にするべきでした。

 

年商で億を稼ぐルール その2は、

「タイミングを見て、借金をしましょう」

です。

 

じつは、最近、

劇的に会社が成長した理由に、

お金をガンガン

使うようになった事があります。

 

妹が経理をしてくれるようになって、

税理士を変更して、

税金の支払い予測が

しっかりと解るようになったからです。

 

この事で、年間スケジュールが分かり、

お金をガンガン使えるようになりました。

 

やっぱり投資は重要です。

 

自分自身の投資ではなく

組織に対する投資です。

 

売上を上げるためにお金を使うのではなく

システムを作るため、組織を作るために、

お金をガンガン使うようになって、

一気に、流れが変わりました。

 

長期的に見てダメな投資とは、

物を売るためのサイト制作費とか

売るためのシステム開発

集客するための広告費とかです。

 

そういう物にお金を使っているうちは、

会社や組織として大きくはなりません。

 

やっぱり、システム化をするため、

組織として、個々の力を活用できる、

その部分にお金を使うべきです。

それを、この歳でやっと気がつきました。

 

会社の経費のなかで、人件費は、

すごく大きなウエイトを占めます。

 

では、

1人の人が、十分に力を発揮できる

そんな環境だったら、どうか?

 

じつは、システムにお金を使うのは、

スタッフの実力を、

何倍にも上げるためでもあります。

 

そこで、思ったのが、

5年前に、この事に気がついて、

銀行とか、国の補助金とか活用して、

もっと早く、環境やシステムを作ることに

お金を使えばよかったって事です。

 

現在は無借金経営で、

システムや組織づくりに、

お金をガンガン使ってます。

 

どっちが良かったかは解りませんが、

しっかりとしたノウハウや知識がある人は

若いうちに、ビジネス初期の段階で

借金をして、システムと組織に

お金を使うべきだと思います。

 

お金儲けのために、お金を使うのは、

おこちゃまです。

 

本当に長い成功を維持できる人は、

システムと組織にお金を使います。

 

サイボウズとか、

業務管理システムを使いましょう。

 

あとは、メールディーラーとか、

メールワイズもいいです。

 

おすすめは、サイボウズと、

メールワイズの組み合わせです。

 

あと、パソコンは、

デュアルディスプレイで、机は1400幅。

 

こういう事って、

儲かってないとできない事なので、

最初から、お金がないなら

借金をするべきです。

 

私の場合は、3年前に、3000万円ほどなら

借りることができたので、

あの時、借りてたら、

成長が加速してたと思います。

 

今だったら、1億円借りることができたら

した方がいいと思います。

 

年商で億を稼ぐルール その2は、

「タイミングを見て、借金をしましょう」

です。

 

無理のない理想の成長スピードが

 

20代は、技術を身に付ける

30代は、技術で稼いで、経験をつむ

40代は、経験を人に伝えて、組織を作る

50代は、組織や人に、投資して稼ぐ

 

だと思います。

 

組織を作るタイミングで、

大量のお金が必要になります。

 

その時に、計画的に借金ができる人が

年商で億を稼ぐ組織を、

簡単に作ることができます。

 

経営者なら、40才を過ぎたら、

しっかりした組織を持たないとダメです。

カッコ悪いですよ。

 

雇用されてるなら、

組織に属している事と同じです。

 

そのなかで、組織を持つことになるけど、

一匹狼とか、外注とか、

フリーエージェントの考えは、

私は否定派です。

 

与沢さんはフリーエージェントじゃ

なかったしね。(笑)

 

50才や、60才になっても、

ひとりで稼ぐの?

 

組織を作るか、組織に属するか

そこは、間違えないください。

 

たぶん、50才、60才で、

稼ぐのに苦労している人は、

40代に、

しっかりとした組織に属してない。

 

ひとりでがんばっていた人は、

組織を作らなかった。

ではないでしょうか?

 

組織を作るためには、お金が必要です。

 

カッコイイ!チップの渡し方

chip

七星です。

 

日本ではチップをあげる

習慣がないのですが、

チップは原則、1,000円でいいです。

 

私は1万円を渡しますが、

これは、次にお店に来た時、

予約がいっぱいの時とか、

良い席を取りたいからです。

 

お店にわがままがきくようになるし、

あと、渡した人も、

今後、特別扱いしてくれる。

そういう効果を考えてです。

 

では、1,000円でも、カッコイイ

渡し方をお伝えします。

 

これも難しいんだよね~~~

必要以上に出すと、死に金になるし、

この生き金、死に金の考えは、

すごくバランスが必要です。

 

まず、私は、ある程度のお金持ちなので、

チップは1万円を渡します。

でも、1,000円の時に、

ある一言を付け加えるだけで

カッコよくなります。

 

「少ないけど、素晴らしかったから

 受け取ってください。」

 

日本はラッキーで、渡す人が少ないから

1,000円でも十分効果があります。

 

その時に、「 少ないけど 」

と付け加えるといいです。

 

あと、私がよくやる手は、

第三者に渡してもらう。

 

例えばですが、

店長さんに、

 

「さっきの人、素晴らしかったね~

これチップで、あの人に渡しておいて」

 

と言って、一万円を渡すのは、

店長には、渡してないけど、

2人に渡した効果になる。

 

あと、ダンサーに渡す時も

踊っている最中に、男が渡しに行くのは

微妙に目立つので、

 

ここもあえて、その子と仲がいい子に

渡してきてもらうと、

これもダブルで効果があがります。

 

お金は、使い方で、

効果が何倍にもなります。

 

お金を稼ぐのが得意な人は、

使い方も得意です。

 

ところで、

昨日のメルマガを読んでくれた人から、

下記のメールを貰いました。

 

■ここから■

私個人としては、1,000円払いますが、

 

「チップを渡す習慣がない国だからこそ

そこがデキルと、

目立つしカッコイイのにね。」

 

っていうのはおかしいです。

逆に渡す習慣のない国で

渡すのはカッコ悪いと思います。

 

「あなた、どこの国の人?」って、

セルフツッコミを心の中でします。

 

本当にデキル男とは、

日本という国内のその場では払わずに、

手品が終わった後、

楽屋にお菓子の差し入れをするのが

本当にデキル男のような気がします。

■ここまで■

 

なるほど、確かにそうですね。

それもカッコイイですね。

 

でも、私が言いたことは、

効果があるお金の使い方の勉強。

 

チップの渡し方が、

ツッコミ入れられないように

スマートに出せればいいでしょ?

 

タクシー代とか、チップとか、お小遣い、

誰かにお金をあげるって、諸刃の剣です。

 

依存されたり、

もらって当たり前と思われたり

お金を貸してください、ってなったり

お金だけの関係になったり、

 

みなさん、お金持ちになりたいでしょ?

 

お金の使い方を、

しっかりとマスターしないで

お金持ちになっても、

裸の王様ですからね。

 

1,000円のチップを、有効活用する訓練

恥ずかしがらないで、やってください。

 

お金の使い方を勉強すると、

お金の稼ぎ方も学べます。

※格言入り

 

もう一度、言いますが、

 

チップ1,000円を、

カッコよく渡せない人って、

どうでしょうかね?

 

今日、金スマに出演します。

金スマ

七星です。

 

今日ですが、金スマで、

デヴィ夫人の密着特集があります。

 

この前、インドネシアに行った時に

取材班が来てて、

私がチラ映りしているので

ぜひ御覧ください。

 

今回、想像を絶する

大富豪の豪邸を見ることができます。

 

私が、写真や言葉で伝えても

伝わらないと思います。

映像で、ぜひ御覧ください。

TBS系列で、夜21時からです。

 

ここ最近ですが、手品にはまってて

六本木の手品バー、ISSEYによく行きます

ここ2ヶ月で、20回ぐらい行ってます。

何回見ても、手品は凄いです。

 

先日も、六本木で

テーブルマジックをする人と一緒に、

私の友人のバーに顔を出しました。

 

大勢の人が居て、

手品を披露してもらったのですが、

もう、みんなびっくり仰天です。

 

信じられない事のオンパレードで、

なんか、

こうやってビックリしてくれる人が

大勢いると、楽しいですね。

 

でも、残念な事がありました。

 

20人ぐらい居たのですが、

チップを渡す人があまりに少ない。

 

さすがに私の友人は、1万円を出して

場のリーダーの威厳を発揮してました。

 

私は、初参加の人には、

最低1000円ぐらいのチップは払うんだよ~

って声をかけました。

 

ですが、

20人中、チップを渡した人は、

1万円 ひとり(私の友人)

1000円 ひとり

の2人だけ・・・

 

結局、私が、

べつに自分の会じゃないのに

と思いながら、もう一万円渡して

形をつくったのですが、

 

なんだろうな~~~

 

ああ言う時に、

しっかりと礼儀がなってる人は、

やっぱり成功するよね。

 

お金って、使い方しだいで、

かっこ良くもなるし、かっこ悪くもなる。

 

わたしは、あの場で、1000円くらい

パっと払えない人とは、付き合いません。

 

だって、あれだけの手品を見て

みんな感動したわけでしょ?

 

そしたら、

ありがとう って声をかける事や

チップを渡すって、

わたしは大人のマナーだと思います。

 

確かに、強制的にいきなり、手品師がきて

チップを渡せって言うのも

嫌かもしれないけど、

 

お金をパッと出せる、

心構えの練習でもあります。

 

ケチは成功しません。

男はかっこ良くお金を使わないとね。

ちょっと残念でした。

 

チップを渡す習慣がない国だからこそ

そこがデキルと、

目立つしカッコイイのにね。

 

そうそう、

TBS系列で、夜21時から

金スマ、ぜひ見てみてください。

 

1 2 3 4 5 6 7 8