現金が、ドンドン消えていきます。

office08

七星です。

 

なんか、スタッフ10人ぐらいで、

年商3億円程度、高い利益率を誇って、

黙ってても、お金が入ってくる仕組みで、

スタッフみんなで、

楽しい生活も悪くないです。

 

年商3億円って、意外と簡単で、

これくらいは、ちょっとコツを掴めば

誰でもできると思います。

 

先日は、

アンケートありがとうございました。

興味ないって人もいましたが、

多くの方が、興味を持ってくれたみたいで

私も一安心です。

 

正確な数字は、

 

知りたい人 ⇒1569人

知りたくない人 ⇒192人

 

なので、これからは、全体の7割ぐらいは

企業を作る話をしていきたいです。

 

残りの3割は、

いろんなネタを出していきます。

 

社長!!

年商3億円の企業なんて

10年後に消えて無くなってますからね!

 

会社は最低限大きくなければいけません。

その理由を今日はお話します。

 

ネット業界で言ったら、

私は、10年ぐらいの歴史を知ってます。

この10年間で、

生き残った人は数少ないです。

 

一瞬稼げても、すぐに稼げなくなる。

宝くじと一緒で、

ダメになる人が多いです。

 

その中でも、

しっかりと10年後も稼げている人は、

組織にお金をかけている人です。

 

綺麗な事務所を借りて、

スタッフを雇用して、

自分の技術と経験をマニュアル化して

会社に継承する事に成功した人が、

長く稼げてます。

 

まず、

最初に年商億を稼ぐ企業を作りたいなら

事務所を借りてください。

 

年商億を稼ぐルール その1

「 事務所を借りましょう。」

 

自宅や、レンタルオフィスではダメです。

ちょっと無理してでも、

綺麗な事務所を借りるべきです。

 

この時に重要なのが、

お金より保証人です。

 

しっかりとした保証人がいないと、

なかなか貸してもらえません。

 

もし、保証人がいない人は、

保証金を上乗せするとか

一年分の家賃を前払いするとか、

お金を使って借りるしかないです。

 

理想の間取りは、職種にもよりますが、

20坪ぐらいの事務所は

最初から借りた方がいいです。

 

たとえスタッフがいなくてもです。

 

ここでお金がない人は、

借金をしてでも借りてください。

 

特に重要なのが、応接室と、会議室です。

この2つは、兼用してもいいですが、

無理に豪華にする必要はないけど、

しっかりとした部屋は必要です。

 

10年前の自分にしたいアドバイスは、

無理しても、綺麗な事務所に引っ越せ!

 

そして、その場合は、

必要だと思った間取りの

倍の広さを借りるべきです。

 

20坪ぐらいでいいや~

っと思ったら40坪とか。

 

私のビジネスだと、

 

年商 1億円なら、20坪ぐらい

年商 3億円なら、40坪ぐらい

年商 10億円なら、100坪ぐらい

 

が理想の事務所の広さになります。

 

あと、コピー機も、ケチケチしないで、

インクジェットプリンターとか使わないで

リースでもいいので、

しっかりとした複合機を入れるべきです。

 

組織を作って、

年商単位で億を稼ぎたいなら

環境が重要って事ですね。

 

結局、年収でビジネスをしている人は、

過去の経験で、

10年以内に稼げなくなりますね。

 

ある一定以上の年齢や、

ステージになったら、組織を作って、

年商でビジネスをしないとダメです。

 

無理のない理想の成長スピードが

 

20代は、技術を身に付ける

30代は、技術で稼いで、経験をつむ

40代は、経験を人に伝えて、組織を作る

50代は、組織や人に、投資して稼ぐ

 

だと思います。

 

実際に稼げるようになるのは、

人それぞれですが、

10年以上、自分の力で稼ぐのは疲れるし

おバカさんのすることです。

稼げるうちに、しっかり組織を作る。

そして、稼ぎのノウハウを、

組織に継承する。

 

組織を作りましょう!!

 

そのためには、

 

年商億を稼ぐルール その1

「 事務所を借りましょう。」

 

です。

 

年商1億円の作り方

turnover03

七星です。

 

最近、真面目なビジネス話をしてたら

クリック数が激減しました。

 

女性ネタとか、家族ネタとか

遊びネタとかの方がいいですか?

 

去年までは、年収1000万円を目指す方法を

お伝えしてきましたが、

 

今年に入って、すこし方向転換をしてて、

これからの私の情報は、

 

・年商1億円の作り方

・年商3億円の作り方

・年商10億円の作り方

 

の3つの柱で行きたいと思います。

 

自分自身が、最近、企業経営

組織を作ることに集中してます。

税務、経理、人事のルール作り、

そして、業務管理システムの構築です。

 

よく、

開発費○○○万円とか書く人がいますが、

私は、誇張なしで、本当の金額で、

いま、2億円ぐらい使って

業務管理システムを作ってます。

 

過去の経験や、作り直しを入れたら、

もっと膨大な金額になると思います。

 

ここ最近、つくつぐ感じるのが、

不労所得、

安定した収益を手に入れたかったら、

システムを手に入れる事が

重要だと実感してます。

 

2億円のシステムだと、

年商50億円ぐらいまで対応できます。

 

そして、質問があります。

最近、クリック数が落ちてきて

ショックを受けてます。

 

年商1億円、3億円、10億円企業の作り方

知りたい人、どれくらい居ますか?

 

あまり、知りたくないなら、

話を変えようと思います。

※アンケートの内容は、
本日配信の日刊メルマガから確認してください。

 

今日は、

年商億の会社についてお話します。

 

こうやって文章を書いて、

企業の話をすると、漢字が難しくなって

読みづらいメルマガになりますね。

 

でも、個人ではなく、

組織としてお金を稼ぐにあたって

必要な情報を教えるとなると

難しい言葉を使わないとダメでしょうね。

 

いま、現在、年商6億円ぐらいです。

 

来年は、10億は軽く超えると思いますが、

ちょうど四年前は、

一人しかスタッフを雇用してませんでした

いま、一気に成長して、30人体制です。

 

年商6億円で、30人って、

大したことないけど

これは、開発研究の人員が

15人ほどいるので、

年商50億円の準備段階です。

 

逆に言ったら、2年後には、

会社規模30人で、

50億ぐらいになっていると思います。

その準備のために、

いま、必要以上に雇用をしてます。

 

今までは、年収1000万円になる方法を

メインに教えてきましたが、

これからは、

まず、年商1億円の組織の作り方を

教えていきます。

 

次に、3億円、そして10億円、

ここまでは、すでに教えるだけの

ノウハウと実績があります。

 

過去にコンサルタントとしても、

年商1億円の会社を

数社10億円超えさせてます。

 

大半の人は、

年商3000万~5000万円ぐらいで、

足踏みをしてます。

 

この規模だと、

社長がすごく頑張らないといけないので、

いつも忙しくて、

家庭もおろそか、遊びもできない。

仕事だけの人生になります。

 

年商が1億円になると、

ちょっと楽になってきて

いろいろ自由ができるのですが、

年商1億円にするために必要な事があり

4年前の自分に教えたい事が山積みです。

 

この 「年商億を稼ぐ方法」 ですが、

知りたい人は、ぜひ、

クリックをしてください。

 

クリックが少なかったら、

話題を変えて、

やっぱり、女の子の口説き方とか

遊びネタを書いていきたいと思います。

 

それでは、

アンケートよろしくお願いします。

※アンケートの内容は、
本日配信の日刊メルマガから確認してください。

 

礼儀を知らないガキが、業界に多すぎです。

decent

七星です。

 

先週の土曜日、朝8時45分に、

登録のない番号から電話がありました。

 

なんだろうと思って、

電話に出ると、「○○です。」

 

一瞬キレそうになったけど、我慢して

あとで、キレたけどね。(笑)

 

最初に感じたことは、

私の番号を教えた記憶がないので、

 

「へ?なんで俺の電話番号知ってるの?」

 

と質問しました。

 

そしたら、

『この前、食事会の時

スタッフから教えてもらいました。』

 

幹事が私で、誰もいないから、

スタッフが教えたみたいですが、

いやいや、勝手に登録するなよ。

 

なにより、

土曜日の朝一番で電話してくるか?

普通?

 

しかも、電話の第一声が

『○○です。 』

はあ~~~~ です。

 

用件が、まじ、最悪な用件で

電話してくる時点でダメなのですが、

100歩譲って、電話がOKだとすると、

 

まず、電話に出た時

 

『朝早くからすみません。○○です。

この前、食事会で電話番号を

スタッフさんから教えてもらって、

電話をさせて頂きました。』

 

これが、大人の礼儀です。

 

前々から、この子は、子供だったので、

いつか説教をしないと

ダメだと思っていたのですが、

ここまで酷いとは思いませんでした。

 

しかも、要件ですが、

 

私の知り合いのアフィリセンターに

ログインできないから

その人の電話番号を教えてください。

 

もうビックリです。

 

それ、俺に関係ある?

 

この前、食事会で初めて会って、

電話番号も、私が直接教えたわけでもなく

勝手に登録して、勝手に電話をしてきて、

要件は、他の人の電話番号を教えてくれ!

 

私ですら、土曜日の朝9時に電話するのは、

相当、仲がいい友だちだけです。

 

それを、どうみても、

私の方が先輩で、付き合いだって

申し訳ないけど、それほどでもないです。

あきれて物が言えないです。

 

さすがの私もキレたので、

10分ぐらい説教して、

 

「一回、事務所に来い!

1時間ぐらい説教してやる!」

 

って伝えました。

この子は、考え方が幼稚すぎます。

 

人の話を聞かないし、

勢いと文章力で、ちょっと成功している。

そんな感じです。長続きしないよね。

 

ちなみに、はっきり言いますが、

私が言っても、馬の耳に念仏で、

 

アフィリしてあげたのに、

なんだ、その態度は?

このおじさん、なに大物ぶってんだ!

 

って感覚だと思います。

 

いちお、知り合いに電話して確認してから

会社の番号で電話して、

もういっかい、説教してやりますが、

 

自分に自信があるのはいいのですが、

大きな自信と同じくらいの

謙虚な心も必要です。

なにごともバランスです。

 

まあ~~、若い頃の私を見ているみたいで

こういう若者は大好きです。

 

もう少し、面倒を見てあげるけど

聞く耳がない人は、さすがにNGですね。

 

ちょっと今日は、どう感じているか

本人の気持ちを確認してみよ!

 

1 2 3 4 5 6 7 8