娘が時間をしっかりと守るようになりました。

jikan001

七星です。

 

いぜん、平気で遅刻してきて

家庭教師の先生を待たせるから

フルボッコにした話をしました。

 

あの時、予想以上に反響がありましたが、

あれから、娘は、一切遅刻をしなくなり

時間という概念では、しっかりしました。

 

その分、私は嫌われたのですが、

それで良かったと思います。

 

今日は、私の子育ての失敗談をお話します。

 

大きくわけて、この5つが、思いつきました。

・ オモチャは与えない方がいい。

・ 3食一緒に食べる

・ 丁寧な言葉使いをする

・ 勉強専用の部屋を作る

・ 勉強を親が教える

 

■オモチャは与えない方がいい。

私の考えで、いろんなオモチャで遊んだ方が

いろいろ経験になると思ってて、

比較的、何でも買い与えましたが、

それは、大きな間違いでした。

物を大切にしないし、遊びのことばかり考えて

最初、楽しくない事には興味をもたない。

見た目でいろいろ判断する。

楽しい事が最優先の子供に育ちました。

子供は皆そうだと思いますが、他の子にくらべて

その傾向が強い気がして、オモチャの与えすぎです。

できるだけ、おもちゃは与えない方がいいです。

 

■3食一緒に食べる

仕事がら、いろんな人と会って人脈を作るのが

収入に繋がるのですが、その結果

家で食事をほぼしません。

月に1回ぐらいしか家で食事をしないので、

ここは家族とのコミュニケーションに大きな影響を与えてます。

もちろん、家で食事をしても、男としての成長はないですが、

家族という観点で言ったら、もっと家に帰るべきでした。

ここは、収入とのことを考えると微妙です。

 

■丁寧な言葉使いをする

じつは、妻はすごく口が悪いです。ケンカ映像を見てもらうと解りますが、

そのため、子どもの特に娘の口が、びっくりするくらい悪いです。

これは、心から反省しており、もともと、20代は私が口が悪く

丁寧な言葉を使わないことが、子供に伝わってしまい、

これは、私が家にいない事も原因で、私がたった一つだけ

妻に対して不満に思っていることです。

言葉使いは、綺麗にしないとダメです。

これはもう、取り返しがつかないので、いま、すごく後悔してます。

コツとして、子供に さん 付けすると、治ります。

こうきさん。とか、たかこさん ゆうきさん とか

子供に さん 付けすると、言葉使いは綺麗になります。

 

■勉強専用の部屋を作る

勉強する部屋なのに、オモチャがあっちゃダメですよね。

こういう点でも、オモチャを与えてはダメです。

狭かったら、それはそれで、工夫をするとかして

オモチャがない勉強専用の部屋を作るべきでした。

これも、後悔の一つです。

 

■勉強を親が教える

いま、娘には家庭教師が勉強を教えてますが、

基本的には、私がスケジュールを組んで

私が主体で指示をして教えてます。

学校の先生や、家庭教師の先生、任せはダメです。

所詮、他人の子、多くの子供達の1人なので、

しっかりと見てくれる先生は、なかなかいません。

中にはいますが、確率が低いので

親がしっかりと教えるべきです。

特に小学生とかは、親が教えないとダメです。

 

今度は、やって良かった事を、教えますね。

子供は8才までの教育が重要ですね。