父親は家庭に居ないとダメですね。

nekorobu500

 

七星です。

 

お盆の4日間、家でゴロゴロしてて、

いろいろ気づきがありました。

 

ここ10年で一番、ゆっくりとした

連休だったかもしれません。

 

4日間も、仕事をせずに、ダラダラしたのは、

過去、本当に記憶がないです。

 

休みの日は、観光地に出かけます。

少ない休みは、家族をいろいろな所に

連れて行きたいからです。

なので、家でゴロゴロすることがないです。

 

今回は家にずっと居たのですが、

父親は家に居ないとダメだと痛感しました。

 

もちろん、妻もがんばってくれているのですが、

毎日一緒にいる、妻の言うことを、

原則、子供達はききません。

 

子供は、アメとムチを

夫婦で使わないとダメですね。

 

なので、これからは、

家に早めに帰って家でごはんを食べて、

くだらないテレビを観ることも重要だと思いました。

 

ただし、男としてしっかりと稼いでない場合は、

まずは、稼ぐ事に集中した方がいいです。

 

家にいると、ある異変がありました。

あれほど、私の事が大嫌いだった小6の娘が

たった4日間で態度が変わりました。

 

『 嫌い、キモイ、気持ち悪い、あっち行って 』

と罵倒されても、しつこく話かけてたら、

態度が変わってきた。

 

もともと、娘のパパ嫌いにも、波があって

その波が、ここ数ヶ月で一番、落ち着きました。

 

ちょっと私の言うことを聞いてくれたので、

勉強を教えることにしたら、じゃ~教えてよ!って事になって

生まれてはじめて、

娘にしっかりと勉強を教える事ができたのですが、

やっと解りました。

 

塾、公文、チャレンジ、家庭教師 と

ありとあらゆる方法で、

娘に勉強を教えてきたのですが、

 

一番重要な事は・・・・・・

これは、間違いないので、

しっかりと覚えて貰いたいのですが、

 

「 何を教えるか親がしっかりと把握する 」

 

これが一番重要でした。

子育ての格言入り決定!

 

塾 もそうです。

公文 もそうです。

チャレンジ もそうです。

家庭教師 もそうですが、

どんな問題を、どんな順番でやっているか

私はしっかりと理解してませんでした。

 

誰かに任せっきりだったのですが、

家庭教師は、お盆でいない。

私は暇だったので、私が直接教えました。

 

覚える部分をノートに書かせて、

手作りのテスト用紙を作ってテストさせる。

 

子供に何を教えるか、自分が決めて、

自分で教えて、自分がテストして、回答する。

この当たり前の事ができてませんでした。

 

■ 今回私がやった事は、

下記の本を書き写させました。

⇒⇒⇒ ちびまる子ちゃんの四字熟語教室

そして、手作りのテスト用紙を作って

満点取ったらお小遣いって作戦でしたが、

久しぶりに、娘と普通に会話して楽しくできましたね。

このシリーズはすごくいいです。

ほぼ全部購入しちゃいました。

 

次に、下記のサイトを見つけて、

⇒⇒⇒ 保育園、幼稚園生の方はこちら。

 

⇒⇒⇒ 小学校の方は、こちら。

 

ここで、プリントアウトして渡すことが、

結構効果ありました。

 

自分でプリントするから、どんな事が書いてあるか、

テストも回答も、自分でやる。

そうすることで、子供は何が解らないのか、

すごく理解できました。

 

塾 公文 チャレンジ 家庭教師、

あと、、問題集とかドリルに頼らないで、

自分なりの工夫で、教えること。

これがすごく重要だと理解しました。

 

ちょっと娘の突破口が見えました。

 

あと、私が教えた事を、娘がしっかりとできた事が

すごく嬉しくて、楽しかったので、

私も本気になりますね。この感じだと

やっぱり親の本気が重要ですね。

 

あと、

念願の 『24 -TWENTY FOUR-』(トゥエンティフォー)

を、寝ずに連続で見ることができました。

 

倍速で見て、夜9時から朝11時まで観ました。

6年後しの夢ですね。(笑)

 

よいお盆休みでした。