【映像付き】会社資金の使い方

012

 

七星です。

 

会社を経営して12年、

数十億円は、お金を使ってきてますが、

有効な使い方と、無駄な使い方がありました。

 

失敗は成功の種とも言われているので、

無駄なお金はないのですが、

それでも、さらに経験を積んでいたら

もっと有効に使う方法はいっぱいあります。

 

過去使ったお金が、20億円として

そうですね~~~~。

15億円は、もっと有効に使えた気はします。

今日は、資金の有効な使い方をお伝えします。

 

資金の使い方ですが、

組織として、法人の安定規模とされる、

年商10億円を目指すなら最初の段階で、

事務所はしっかりとした場所に

かまえたほうがいいですね。

ちょっと無理をするくらいが丁度いいです。

 

そして、

壁を作ったり、机を買ったりとか、

設備は、正直、最初はどうでもいいです。

 

場所とか、広さとか、

これは、あとから変更するのが大変です。

 

例えば、事務所開設予算が、

200万円あったとしましょう。

 

割合として、

保証金 100万円 家賃20万円 設備費80万円

ぐらいでいくと思いますが、

私のオススメは、

無理して、100万円を追加、

借金してでも、300万円にする。

そして、保証金 250万円 家賃30万円 設備費20万円

がいいです。

 

保証金が高いと、

場所も綺麗だし、ビルも綺麗です。

 

会社を作るにあたって、

一番重要なのが事務所です。

 

少しでも、場所、綺麗さ、広さ を追求して、

よい物件を確保してください。

 

そして、その分、机をボロくするとか

椅子なんて、パイプ椅子でもいいです。

 

その理由は、あとからタダで貰えるからです。

事務機器は、ビジネスをしていると、

意外とタダで貰えます。

 

パーティションも、

天井に画びょうで、布でも吊って壁を作るとか、

まずは、そこからスタートするべきです。

 

ただし、電話とコピー機は、

リースでしっかりとした物を

手配したほうがいいです。

 

複合機は、カラーコピーとかしっかりとできて

リースで新品から、電話も最初から業者に、

将来30台の電話が接続できるタイプ。

と言ってください。

 

コピー機に関しては、インクジェットプリンターを

最初の10年使ってたのですが、

もっと早く、しっかりとしたのを使うべきでした。

 

それ以外は、机とかダンボールでいいと思います。

利益が出てから、設備は揃えましょう。

 

机とか、ソファーとか、家具は貰えます。

一年以内に、だいたい無料で揃います。

安心してください。

 

設備や内装は、あとで変更できるけど、

場所、広さ、ビルの綺麗さを

変更するのは大変です。

多少の無理はしたほうがいいです。

 

広さの具体例ですが、業種にもよるけど、

1人あたり、2.5坪 ぐらいがいいと思います。

将来10人の会社なら、 25坪 くらいですね。

 

年商10億を目指すなら、

従業員ひとりあたり3坪計算がいいと思います。

 

あと、何か買う時とか、何か行動する時、

自分がやった事がない場合は、誰かに質問する。

 

何かを買う時に、

質問できる人がいないとダメです。

 

パソコンソフトや、システム。

もしかしたら、扇風機もかもしれません。

 

費用対効果がよい製品選び、

次にどこで買うと安く手に入るか。

そんな事を自分で調べたら、時間がかかります。

 

すでに購入した人に電話質問する。

これが重要です。

 

お金を有効に活用したければ、

すでに使った事がある人に聞く。

 

無駄な買い物も勉強ですが、

しなくていい無駄な買い物は、

できるだけ、しないほうがいいですよね。

 

何かする時は、経験に質問する、

を強く意識してください。

 

代表取締役だけが参加できる

勉強会を募集します。

 

ごく少数の募集になるので、

勉強会に興味がある人は、

毎日かならず私のメルマガを読んで

募集の案内を見逃さないでください。

 

下記で詳しい内容を映像で説明してます。

興味がある人はしっかりと見て

コメントを書いてください。

⇒ 【代表取締役の勉強会】 第一回 説明動画
※ 期間限定の公開です。

 

私もしっかりとコメントに返信してます。

コメントを見るだけでも勉強になりますよ。

下記からコメントが見られます。

⇒ 【代表取締役の勉強会】 第一回 説明動画
※ 期間限定の公開です。