【映像付き】ダメをダメと言ってはいけません。

だめはだめ

 

七星です。

 

ダメを、ダメと言ったら、

全てが終わります。

 

以前、キャバクラで

心理学を教えていた時があります。

 

お客さんを操るためには、

どうしたらいいのか。

 

そんな話をお店のオープン前に

話してた事があるのですが、

そこで、お客さんから、ホテルに行こう~

って体を求められた時の断り方を教えてました。

 

ダメには、いくつものパターンがあって、

ダメを、ダメと言ったら、そこで全てが終わります。

では、どのように断ればいいのか。

 

キャバクラで、お客さんが体を求めてきたら、

ダメ!! って断ってはいけません。

 

今日はダメ

今はダメ

○○ だからダメ

○○ したらいいよ!

とか、ダメな理由と、

ダメじゃない可能性を残さないといけません。

 

この可能性って凄く重要です。

 

中には、ダメ!っていきなり断ることで、

人格を否定されたと思う人もいます。

 

そうなってしまったら、

そのお客さんは、二度とお店には来ないでしょう。

そこで、あなたとの関係は終わります。

 

これは、サポートでもそうです。

 

お客様から

「 こんな事をしたいのですが、

エキスパートメールの機能でできますか? 」

とメールが届いた。

 

もし、システム的にできない事でも、

「 大変申し訳ございませんが、

エキスパートメールでは

ご要望いただいた機能がついておりません。

そのため、今回、対応するのが難しいです。 」

は、ダメなサポートです。

 

一見、綺麗な文章ですが、下記のようにすると、

「 大変申し訳ございませんが、

エキスパートメールには、

その機能がついておりません。

そのため今回のご要望に対応するのが難しいのですが、

弊社では、つねに新規機能を追加しておりますので、

今後の開発案件として、私の方から

開発チームに要望書を提出しておきます。 」

 

と一言つけることで、印象が変わります。

 

なので、ダメとか、無理とかは、

何か逃げ道を準備しておくのもいいです。

 

誰かに、何かを質問されたり、

お願いされた時には、

いきなりダメって言うのはやめましょう。

 

代表取締役だけが参加できる勉強会では、

このような話だけでも、

もっと多くの事例があります。

 

そういう細かいところも

どんどん教えていくので楽しみにしててください。

 

このような公式だけだと、わかりづらいのですが、

全ての事例を文章化するのも、大変です。

ご理解ください。

 

詳しく知りたい方は、勉強会に参加してください。

下記から詳細が見られます。

 

■ 代表取締役だけが参加できる勉強会 詳細

⇒ 【代表取締役の勉強会】 第一回 説明動画
※ 期間限定の公開です。

 

しっかりとコメントをお返ししてます。

コメントを返している私も、

勉強させてもらってます。

下記のページでコメントが見られます。

ぜひ、コメントだけでもご覧ください。

 

■ 代表取締役だけが参加できる勉強会 詳細

⇒ 【代表取締役の勉強会】 第一回 説明動画
※ 期間限定の公開です。

 

この事を書いてて、面白い事を思い出したので、

明日は、キャバ嬢と仲良くなれる

魔法の質問も公開します。