キャバ嬢がエッチさせてくれないからキレました。

kireru

 

七星です。

 

先月は、いろんな人に裏切られたり、

騙されたり、失望したりしました。

 

そういう月だった気がします。

 

え~ 心理学をマスターしている

七星さんでも、そんなミスするんですね!

っと言われそうですが、

正直、解ってて付き合っていました。

 

人は変わらない・・・・・・・

 

平先生から、何回も言われた言葉です。

 

人は、そうそう変わりません。

 

なんか、私は、人を切る時は、

すぱっとしてます。

 

すぐブロックしたり、

付き合いを止めるのですが、

人間的に問題がある人とか、

この人と付き合っても、

最終的に嫌な気分にしかならないと

解っていて付き合う。

 

で!結局、私がキレるって事が

先月、4件ぐらいありました。

 

こんな事は、いつもはないのですが、

ここ数年の膿が一気に出た感じです。

 

でも、ここで感じたことは、私が悪かった。

だって、こうなる事は、解っていたから。

 

三ヶ月後、一年後、全てを解ってて、

思ったとおりになる。だから切れる。

 

これって、キャバ嬢に、お金を貢ぎ続けて、

ヤラせてくれないから、

キレるダサいお客さんと同じです。

 

または、女好きな友達に、

自分の女友達を紹介して

手を出したからって、キレる人みたいで、

悪いのは全部、私って事です。

 

自分で言うのも、なんですが、

心理学をしっかりマスターすると、

人間関係の未来が見えます。

 

そして、私の予測は、ほぼ当たります。

 

でも、自分の分析を活用しないで

情で動いて、結局、無駄な労力を使う。

 

新規面接もそうです。

 

私は、とりあえず、全員雇用するタイプで、

試用期間で判断していたのですが、

それは、会社に負担がかかるので、

自分の分析力を信じて、

逃がした魚は大きい。になったとしても、

しっかりと、付き合う人は、選ぶことにしました。

 

人間関係は、情に流されてはダメです。

 

冷たい言い方をするかもしれませんが、

それは、お互いのためだし、

ある程度のステージに立ったひとは、

そいう生き方をしないと

損をすると痛感しました。

 

ここ最近、人を見る目

レベルアップしたと思います。

 

年間、一万人近く採用面接をしている友人が、

5分話せば、使えるか、使えないか解る。って言葉が

最近、わかってきました。