使えない社員はクビにしてください。

yutorisedainikirerujyousi500

 

七星です。

 

やばいです。

 

代表取締役だけが参加できる

勉強会が熱すぎます。

 

いま、優秀な社長さん達が

どんどん集まってきてくれて、

私は、このグループが将来、日本を変える

そんな集まりになると確信しはじめました。

 

今日は、勉強会で教える予定の話を

少しだけお伝えします。

 

会社が伸びるためには、

スタッフ教育が重要です。

 

社長の仕事は、人を育てる事

最近、つくづく感じます。

 

伸びている会社は、

スタッフが育っている会社です。

 

逆に、スタッフが育ってない会社は、

数年でダメになるか、成長が止まります。

 

でも、スタッフがしっかりと

育っている会社は、

どんどん成長していきます。

 

で、スタッフを育てたい場合に、

一番重要な事があります。

 

知りたいですか?

 

社長さんや、大きな会社を作りたい人は、

これはよく覚えておいてください。

 

ただし、この話は、

年商3億円、従業員数10人以下の

会社の話であって、

ある程度の規模になると使えません。

 

逆に言うと、これからがんばろう

という小さい会社が、これをやらないから、

いつまでも、人が育たないのです。

 

それは、使えない社員は

クビにしてください って事です。

 

社長が弱気だと、会社は伸びません。

 

なので、使えない社員を

クビにする勇気

しっかりと身につけることが、

スタッフを育てる、最大のポイントです。

 

クビにする勇気があると、

いろいろなメリットがあります。

 

まずは、安易にスタッフを雇用できます。

 

そして、会社としてつねに

良い空間を作ることができる。

 

本当に思うのが、使えないスタッフが、

会社の空気を悪くします。

 

その場合は居ない方がいいので、

辞めてもらった方がいいです。

 

人を育てるため、社長に必要な事は、

使えないスタッフをクビにする勇気 です。

 

ここの話は、もっと深くしたいのですが、

文章で説明するのは大変なので、

ここまでにしますが、

これには、深い理由があるので、

安易にこの話を聞いただけで、

私や私の会社を判断しないでください。

 

勉強会では、もちろん全てをお話します。

 

そして、もう一つ、

スタッフを育てる時に必要な、

重要なコツがあります。

 

それは、辞めさせない。

 

離職率が高い会社は、いつまでも、

スタッフが育たないのでダメです。

 

なので、私が組織を作るときに

考えるのが離職率です。

 

会社として人を育てたい場合は、

辞めづらい何か、仕掛けを

いっぱい作ります。

 

社長の勉強会では、スタッフを

辞めさせないために、どうするか

そこもしっかりと教えます。

 

じつは、スタッフ教育とは、

環境やマニュアル、教え方も重要ですが、

それ以上に必要な事は、

クビにする勇気と、

辞めさせない工夫 です。

 

この2つをもっている社長は、

スタッフが育つので、

会社は、どんどん成長します。

 

さっきも、言ったけど、

深い理由と、複雑なバランスがあるので、

勉強会に参加しないで、安易な気持ちで、

この話を受け取らないでくださいね。

 

本当に効果があるノウハウは、

バランスが重要で、

しっかり使わないと、劇薬なります。

 

用法用量を守って正しくお使いください。

って感じです。