会社が大きくなると、見えてきました。

enpitutonote500

 

七星です。

 

10人以上の組織になったら、

ルールを作らないとダメです。

 

このルールの作り方にコツがあって

直接的なルールと、

間接的なルールがあります。

 

この2つをうまく使い分けることで

大きな会社を作ることができます。

 

そして、もう一つ、

大きな組織を作るにあたって、

やってはいけない事がありました。

 

この言葉は覚えてください。

直接的 と 間接的

 

バカは、直接的なことをします。

デキル人は、間接的なことをします。

 

人を誘導する時は、直接的な力ではなく

間接的な力を使った方が効果が高いです。

 

組織を大きくするためには、

ルールが必要です。

 

このルール作りがしっかりできると、

人数が増えても、

問題なく組織が機能します。

 

私の会社も、ここ数年で

スタッフ数がドンドン増えてきて、

社長の仕事が、

環境つくりと、ルール作りでした。

 

環境とは、スタッフが、

ストレスなく、仕事とプライベートを

楽しく過ごせる事を指します。

 

ルールとは、組織が

しっかりと機能するために

必要な事を指しますが、

このルール作りがすごく重要で、

直接的なルール作りをするのではなく、

間接的なルールを作った方が、

効果が高い場合が多いです。

 

実際に、間接的ってどんな事かというと、

文章化しない事を指します。

 

この部分の説明は文章では難しいので、

社長勉強会でしっかりと説明しますが、

間接的にルールを作れる会社が

大きくなることは間違いないです。

 

空気を作るとは、少し違います。

 

家庭のことで言ったら、

私が最近、実践している事は、

トイレに家族写真を飾るようにしました。

 

旅行とか、遊びに言った時

家族が楽しそうにしている写真を

いっぱい飾りました。

 

これを見て、娘がちょっとでも、

私に対しての対応が変わるかな~

っと期待してますが、

言葉や態度で言っても、

パパ嫌い ってなるのは解っているし

今現在は、何をしても無駄なので、

このように間接的な力を使います。

 

そして、もう一つ、ルール作りの際に

やってみて失敗したことが、担当制です。

 

これは、ダメですね。

 

担当をつけると、その人しかできないので

業務とか仕事に関しては良いのですが、

仕事ではなく、雑務とかの場合は、

担当とかやってはダメな事が解りました。

 

担当をつけることは、

責任をなすりつける事で、

その人がしっかりしていないとダメですし

全体周知ができなくなります。

 

私は最近まで、担当制で逃げてました、

実はこれが、一番簡単な

ルール作りかもしれません。

 

間接的な力で、ルールを作れば、

会社がスムーズに成長します。

 

答えは必ずあります。

 

会社を大きくしたい人は

間接的なルールを、

しっかり活用する事を

考えてください。

 

デキル人は、間接的な力を使って、

人を動かします。

 

よく理解してください。

 

デヴィ夫人は、そこらへん、

神レベルの人で、

私はいつも、間接的に操られてます 笑

 

夫人のパーティーですが、

もうワンテーブル、確保できたので、

今なら、まだ、パーティーに参加できます。

下記から、間接的な力を学べるので

パーティに参加してください。

 

◇10/4(土)デヴィ夫人&小林幸子ディナーショー

⇒ 前回の写真を見てみる
※ 有名人、芸能人もたくさん来ます

 

夫人のパーティーに参加した方に

いつも言われることがあります。

 

『 ちょっと勇気がいるけど 参加してよかった。 』

『 楽しかったし、なんか自信がついた。 』

 

男性は、黒のスーツに蝶ネクタイ、

女性は、イブニングドレス

結婚式の二次会に出席する感じの

ドレスでOKなので、

ちょっと、ビビっている人も、

安心してください。

 

◇デヴィ夫人のパーティー ※前回の写真あり

⇒ パーティーの雰囲気を確認する
※ 七星特別テーブル お土産付きです