子育ては、タイミングが重要って知ってましたか?

7651679cfd_m

七星です。

もう、娘にかまう事をしません。

諦めました。

女性は、一度、嫌いになったら、

完全にダメです。

そこで、何をしようと、効果がないです。

女性にフラれた時に、一番効果がある

復縁の方法がありますが、

それは、何もしないことです。

それが、よりを戻す確率が

一番高い方法です。

下手にあれこれすると、

余計ダメになるので、

諦めて、なにもしない。

それでダメだったら、

それまでって事です。

私は恋愛に関して

自信があったのですが、

なんで、娘になると

ダメなんでしょうね。

なので、諦めて、

話しかけない事にしました。

娘に関しては、しばらく放置しますが、

これから、息子達に関しては、

ある事をしたいと思います。

これから、息子達にすることですが

それは、多くの時間を共有する です。

子供に質問します。

学校楽しい?友達いるの?先生とはどう?

これは、ダメな例です。

最近、気がついたのですが、

なにか、子供の事を知りたい時は、

子供のタイミングで、

話を待つ方がいいです。

・子育ては、向こうのタイミングで

※格言入り決定

時間をしっかりと共有して、

向こうが話したいと思った時に、

近くにいてあげる。

話を聞く体制を作っておく。

これが重要だと、やっと気が付きました。

なので、質問をしてはダメで、

相手が話したくなった時に、

いろいろ教えてもらう。

質問でなく、教えてもらう。

この姿勢が、子育てに重要だと思います。

直接的な力では、

子供が動いてくれません。

ましてや、小学3年ごろから、

自我の境界線が形成されてきて

どんどん、大人になってきます。

その時に、親がなにか口出ししたら、

拒絶するのは当たり前です。

なので、つねに

受け入れる姿勢だけみせる。

これが、思春期の子供を育てる

極意だと思います。

ちょっと、息子たちに気を遣ってみます。

どうでもいい時間を作る努力ですね。

ここ5年間、私になかったことです

なんとか、取り戻したいと思います。

前にも書いたけど、子育てって

ほんと試行錯誤ですね。

私は自分で経験したことを

人に教えたり、分かりやすく説明するのは

すご~く、得意なのですが

子育てに関しては、

まだまだ学ぶことが多いです。

自分が男なので、

息子たちの考えている事や、

これから起こりそうな事、

何かあったときの対応方法など、

なんとなくイメージできますが、

娘の事に関しては

う~ん、って感じです。

コメント

  1. いつも参考にさせて頂いてます!m(_ _)m
    私も男の子3人おりますので、またお話聞かせて下さい。

    女の子もおります。一人娘がいるママ友のパパも、娘さんが中学の頃自分に懐かなくなった、お前のせいだとママを責めたりしてたそうで・・・相談されました^^;
    思春期は、やはり男の子はパパの出番、女の子はママの出番というのが自然かも知れません。男親ではどうしてもわからないことが多いですので。父を男性として意識してしまうのかも知れません。理屈ではなく、生理的に・・・。
    七星さんもおっしゃるように、嫌がるのを無理に何とかしようとせず、大きな愛で見守るのが正解かと思います。
    娘さんが望んだとき(パパを頼りにしたいとき、勉強で聞きたいときなど)に、それを察知してさりげなく欲するものを与える立場でいて、余裕の目線で構えているといいと思います。大きな愛で包み、見守って下さいね。
    自然にまたお父さんを頼りにしたり、話し相手になって欲しかったりします。今までは何だったのかと自分で思います。(私の個人的体験からも)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。