ヤクザが会社に乗り込んできました。

893

 

七星です。

 

ついに、あの会社が来ました。

それは、帝国データバンクです。

 

今まで来てないのが、不思議ですが、

無借金経営で、基本的に自給自足、

国の補助金とか使ったことなし。

 

会社、個人共に、ローン、リースもないので、

会社の基本情報がのっていなかった。

 

どっかの企業が、依頼したそうで、

ついに、調査が入りました。

 

帝国データバンクとの付き合い方を

今日はお話します。

 

じつは、私は、

国、銀行、税務署とか、

この手の人達が得意です。

 

しょせんは同じ人間です。

 

相手のメリットと、こちらのデメリット

こちらのメリットと、相手のデメリット

そして、お互いのデメリットと、メリット

 

この3つを、しっかりと意識して話せば、

絶対に妥協点があります。

 

私は、心理学を極めているので、

相手の考えている事は読めます。

 

そしたら、どうすればいいのか、

かってにわかってきます。

 

今回、帝国データバンクの人が来た時は、

ワクワクしました。

 

どんな風に、話しかけてくるのか?

何を調べるのか?

こちらは何をしないといけないのか?

 

このような心理戦は、大好きで、

最終的に良い方向に持っていくために

 

もっとも重要なことは、

勝つことではなく、負けないことです。

そして、なめられない事です。

 

この、なめられないって、

国、銀行、税務署とか、固い人達に重要で、

こいつらは、バカには、

とことん突っ込んできて、バカにしてきます。

 

でも、絶対に勝ってはダメです。

絶大な力を持っている勢力と、

まともに戦ってもバカなだけです。

 

なので、負けないことだけに集中して

行動した方がお得です。

 

そして、この帝国データバンクとは、

完全にヤクザ会社です。

 

他人の情報を、脅して取得して、

売りさばいている

個人情報保護法が、この会社に当てはまったら、

一体どうなるのでしょうか?

 

銀行と同じで、

会社が良い時は、ヘラヘラしてて

会社が悪くなったら、

『この会社は危ないです。』って

平気で出す会社です。

 

だから、私はヤクザといいます。

今回は、年間10万円払って、

帝国データバンクの会員になりました。

 

そのほうが、社会的に良い情報を

流してくれる可能性があるからです。

 

調査官も人間です。そして担当制度なので、

多少は、そういうこともあると思います。

 

あと、帝国データバンクにお金を払って、

担当がつくと、すごくいいことがあります。

 

それは、私の会社が、どのように見られてるか

第三者目線のアドバイスをもらえます。

 

先月決算で、いま、決算書を作っているのですが、

会社を作るのに、私が会社から借り入れをしました。

 

この貸付金に関して、妹や税理士に聞いても、

世間的な評価に、

どれくらいマイナスになるか解りませんが、

会社を評価するのが仕事の方なので、

明確にしっかりとしたアドバイスをくれました。

 

これは、私にとって大きいです。

いま、会社を大きくする事に力を入れてますが、

そこで、重要なのが、社会的な信用ですね。

 

そろそろ、レバレッジをきかせるために、

銀行の借り入れとかも考えて、

M&Aとか、攻撃的にいくのもいいかもしれません。

 

帝国データバンクとは仲良くした方がいいです。

とんがっても、何も良いことはないです。

 

長い物には巻かれろ。

強い者には、負けなければいい。

 

意識してください。