100回の失敗より、1回の成功

google220141024215219500

 

七星です。

 

いろんな人に、いろんな技術を

教えていて、ある事に気が付きました。

 

それは、

技術を覚える人、覚えられない人

 

この違いは、「 自信 」 です。

 

やっぱり自信がある人は、

しっかりと行動して

経験を積むことができます。

 

でも、自信がない人は

ダメな人が多いです。

 

では、自信ってどうやって

身につけることができるのか。

 

「 行動しろ!

  20代の失敗は成功だ! 」

 

って、前々から話してますが、

じつは、なにかの結果を出すにあたって

重要なことが隠れてます。

 

それは、

 

「 失敗から、自信は生まれない 」

 

って事です。

 

やっぱり失敗って、カッコ悪いし、

モチベーションが下がるし、

失敗を経験と、認識できる人は少ないです

 

「 また失敗した、ダメだった、

  俺には無理なんだ~ 」

  

って気持ちになります。

 

でも、何か結果を出したときに

1回の成功から、大きな結果に

結びつける人も多くいます。

 

生徒さんのなかで、

結果を出すのが早い人は

この、最初の小さい成功 を

早い段階で経験しています。

 

これって、すごく大きいです。

 

ぎゃくに、結果がでないと、諦める人は、

失敗だけしか経験していない人です。

 

失敗のなかから、

小さな成功を見つけることを意識すると

成功確率はグンっと上がると思います。

 

運も実力のうちですが、

最初の行動で、

結果がでるって大きいですからね。

 

私も、過去を振り返ると、

たまたま結果がでて

 

楽しくなって、大きな結果に

つなげたことが多いです。

 

100回失敗しても、自信はつきません。

 

でも、1回の成功で、自信がつきます。

 

まずは、一回目の

小さい成功を経験してください。