会社が急激に成長すると起こるトラブル

お茶の出し方

 

七星です。

 

いま、毎月1人のペースで、

スタッフが増えてますが、

人が増えると、トラブルがおきます。

 

雑用こそ、命をかけて

実行しないとダメなのですが、

やっぱり若い衆は使えません。

 

コンビニのお遣いですら、

私は命をかけてもらいたいです。

 

そして、最近、

来客時に、お茶を出すのが

 

若い衆の仕事になっているのですが、

お茶の出し方がなってません。

 

今日は、正しいお茶の出し方を

お伝えします。

 

お茶出しとは、

ただお茶を出すのではなく、

心からお客様をお出迎えする。

 

それを行動で表現する。

 

◇手順

 

【お茶作り】

~お茶、本来の味を引き出す~

1、茶碗と急須にお湯を入れ、温める。

2、お湯を捨てる。

3、急須に人数分の茶葉を入れる。
  (小さじ1杯分が1人分)

4、冷水を急須の4分の1程度入れる。

5、30秒ほど待つ。(旨味を出す)

6、お湯を急須に入れる。

7、30秒ほど待つ。(旨味を出す)

8、お茶を湯飲みに注ぐ。
  ・お茶の濃さが均等になるように、
   少しずつ 順番に
  ・量は大体、湯飲みの7分目

9、湯飲みと茶たくを別々に 
  お盆にのせる。

 

【お茶出し】

~静かに出し、静かに去る~

1、ドアを2、3回ノックして入室する。

2、「失礼いたします」と言って
  軽く会釈する。

3、テーブルの端にお盆をのせる。

4、湯飲みを茶たくにセットする。
  (お盆の上で)

5、お茶を差し出す。
  ・両手で。
  ・「どうぞ」と一言。
  ・話し中のときは目礼をする。

6。ドアの前で静かに一礼して退室する。

 

これが常識です。

 

自分ができる事が、

他人ができるとは限らない。

 

やはり、マニュアル作りって重要ですね。

 

組織を大きくするためには、

マニュアル作りが重要です。

 

年商が3億で止まる会社は、

マニュアル作りができてない会社です。

 

社長勉強会では、このような、

マニュアル作りを教えています。

 

社長勉強会に興味がある方は

ぜひご連絡ください。

 

■ 社長勉強会

入会資格:年商1,000万円以上の社長

資格を満たしていて、入会希望の方や、

詳細等について、ご質問がある方は、

下記から遠慮なくご相談ください。

⇒ 社長勉強会について質問する