【男と女】いい男には、いい女がいる

いい男には、いい女がいて
なかなか別れません。


逆も同じで、
いい女にも良い男がいるので、
なかなか別れません。


もしあなたが、
いい男、いい女を手に入れて、

良い恋愛、良い結婚をしたいなら
18とか20歳とか、出来るだけ早いうちに、
つばをつけておくといいです。


知り合った段階で将来性を見るのは、
運の領域もありますけどね。


ただ、ダメ男理論・ダメ女理論
というものがあって、

いい男に、わがままし放題の、
容姿だけ、いい女がいる場合があります。

逆もしかりですが。


いい男、いい女が居たとしても
略奪とかは難しいです。


つばをつけておく ですが、
その人の恋愛相談を受ける関係
キープしておくのです。


もし身近にすごくいい女がいて、
その人には、すでにいい男がいて
なかなか別れない感じだとしましょう。


その場合は、いい女に対して、
その男の愚痴を聞いてあげる

恋のアドバイスをしてあげるのです。


もちろん、いい人で
終わってはいけないのですが、

基本的に、何かあったら
相談される関係を作っておく。


あと、支援の関係になっても駄目なので、
そこは理論的に矛盾してるとか

バランスの問題もありますが、
別れた瞬間に、一番最初に口説く。


つばをつけておくのは
そういう事です。


いい男、いい女が別れた瞬間に
一番最初に、別れたんだよねと
相談される関係を作っておくことですね。


そういう風にしないと、
本当にいい男、本当にいい女は
なかなか手に入りません。


これ、覚えておいてください。


なので、素晴らしい結婚とか
素晴らしい恋愛をしたい場合は

略奪とかではなく、
いろんな所につばをつけておく。


いい男、いい女と仲良くして
相談を聞いておいて、別れた瞬間に

一番最初に、あなたのところに
チャンスが来るみたいな関係
いっぱい作っておくことが、

ある一定以上の年齢にいった人
出来る恋愛なのかなという風に
私は考えています。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 『女性は待ちなので、いい男はどんどん売れていきます。』

    この推論から、
    『いい女にはいい男はつきません』
    という結論を出していますが、この因果関係を説明するためには、
    女性と男性の総数、その中でいい男といい女の割合などを明らかにして、実証統計が必要かと思いますが事実上不可能です。
    これができたとしても、『女性特有の主観』という第三変数があるので因果関係は成立しません。

    また以下の可能性が排除されない限り、説得力がありません。

    1.いい男の在庫が一時的に減っても、別れた人数分だけ在庫は増える
    2.いい男が複数のいい女と付き合うこともある

    続いて、
    『男はいい女に声をかけます』
    この前提、果たしてそうでしょうか。自信のあるいい男は臆することなくいい女に声を掛ける。でもいい男であるという自信がない男はいい女より、自分と同等の少し劣る女の方が声をかけやすいということも考えられる。また、いい女には既にいい男がいるだろうからソッポ向かれるのがオチだろう、という先入観から、逆にいい女程声をかけにくいという事も考えられます。
    したがって、
    『いい女にはいい男はつきません』
    というのはまったく根拠がない推論だと思いますが。。

  2. いい男にはいい女がいる。
    逆は少ない
    ならば、いい男になれるように頑張ります(^^)

  3. 『声をかけるのは男であり~』とありますが、そうは言い切れないと思います。女性にも積極的な人はいます。積極的な女性がいい女ではないと言うのなら合ってますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。