【男と女】愛は依存

男女が一緒の時間を共有しますよね、
愛というのは依存です。


居る事が当たり前で、
居ない事がおかしい。


そういう依存の関係がです。


依存という言葉が
綺麗か綺麗じゃないかは別として。


なぜ依存という言葉を使ったかというと、
結局、男女が一緒に居るということは
それは融合しているわけです。


体、時間、感情、
いろんな部分で融合しています。


例えば、男と女で
それぞれの円があったとしましょう。


民主党のマークみたいに
円と円が重なり合うわけです。


これが融合です。


この重なりが、深いほど
一体感があるみたいなことです。


例えば、二人が喧嘩をして
別れてしまったとします。


その瞬間、綺麗な円に
なるわけではないです。


別れた瞬間、どちらかの円が
必ず、ゆがんでいます。


例えば、女性側は
別れたくないという気持ちが強くて、

男性側は、別れたい場合、
どういう状態かと言ったら

片方は綺麗な円のままだけど、
片方は三日月の様にえぐられています。


でも、そういうのは基本的に
時間が解決してくれるので、

どんどん復元していきますが
やはり辛いので、同じような境遇の男性を
引き寄せようとする傾向があります。


でも、同じ大きさ、同じ形のものが
あるわけではないので、
上手くいかないことが多いです。


私は、恋愛して辛いということを
このように表現しますが、

離れた瞬間に、お互いが
円じゃなくなる場合があります。


この円じゃない時期がすごく辛いです。


でも、時間が経つと
どんどん復元して、
また、綺麗な円になります。


なので、逆に言えば、
あえて融合しない関係
持っていくことも重要です。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。