【男と女】夜の仕事は、幸せの前借り

ホステスさんとかキャバクラ嬢とか、
夜の仕事をしている女の子っていますよね。


私も、いっぱい知り合いがいますが
私から見たら、幸せの前借り
しているかなと思っています。


そういうお店に来る人の多くは、
多少なりともお金がある人です。


そういう男性と常に接しているので
一般的な20代前半の女の子が、

通常なら体験できないものを
先にもらっちゃうわけです。


でも、感動というのは、
段階をふんだ方がいいです。


10代には10代の遊びがあるし、
20代、30代、40代でも
遊びには段階があります。


世界で一番美味しい料理を
20歳の時に食べたとしたら、

その後、何を食べても
その味を超えないわけです。


そういう考えでも、
段階をふんだ方が良いと考えています。


マクドナルド、美味しいな~
吉牛美味しい~、
ファミレスのステーキ美味しい~

これが、通常の10代です。


大人になったら、

洒落たレストランに行く
お酒を飲み始める
お洒落な所に行く
いろんなショーを見に行く
ホテルに行く
海外旅行に行って面白い体験をする
もっと美味しいものを食べる

こういうことの段階をふみます。


そうやって、自分の感動レベルを
徐々に、徐々に、上げていった方が
間違いなく、人生楽しいです。


でも夜の女性というのは、
若いうちからあれもこれも
手に入れることができます。


すると、ある日突然、
なにも面白くな~い、
って感情になっちゃうんですよ。


これは、ある意味、
不幸せと考えています。


でも、結局のところ
だれと何をするかが重要です。


私自身、世界最高峰の料理も
食べたことがあります。


世界一予約がとれないレストランで
ご飯を食べたこともありますし、

一回10万円とか20万円の食事も
何回もしています。


本当に美味しいものを食べているので、
食に関しては知り尽くしています。


でも、こんな私が、
一番美味しかった料理
何かなと考えてみたら

高校時代、片思いの女の子と
夜中にセブンイレブンの
車止めの上に2人で座って食べた、

でかまるもやし味噌ラーメン
一番美味しかったです。


誰と食べるかって、
本当に重要なんですよ。


夜の女性は、幸せを
前借りしているのですが

本当に好きな男性が出来て、
何かしてもらったとしましょう。


すでに行ったことがあるとか、
すでに経験したことがあるとか、

見比べてしまうと
本当に幸せになれなくなります。


そうではなくて、忘れることも
すごく重要なことです。


幸せの前借じゃなくて
幸せを先に体感しているという風に

言い換えられるかもしれませんので、
こういう事を意識して欲しいです。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 年代や仕事内容での幸せは、それぞれ違う見方が面白いです。
    なるほど、うなづけます。

  2. 2ヶ月だけ、キャバクラで働いた経験があります。
    あれは本当に長くやってはいけない仕事です。
    簡単にお金を稼げますけど、無くするものの方が多いです。
    幸せの前借りっていう言い方、本当にその通りですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。