【成長力】決定権を持つ年代で、世の中の流れが変わる

年代によって、
物事の考え方や、行動が
まったく違います。

この話は、
時代を見通す考え方なので
ぜひ、参考にしてください。

これ、覚えておいてください。

10代は何も力が無いです、
単純に勉強をするだけです。

将来のために成長している段階です。

20代というのは、
ある意味では工場です。

仕事をする人、作業をする人、
決定権があまりないです。

30代は、20代をまとめる
チームリーダー的な存在になります。

40代になると、
全体を統括する立場になります。

50代になると、お金を投資したり、
世の中を動かす力が出てきます。

60代になると、引退して、
政治とか、複雑な要因に
影響力を及ぼします。

年代によって、
仕事のやり方とか、行動を
変えた方がいいです。

決定権、決裁権があるのは
たいていが40代です。

よし、これ買っていいよとか、
よし、この案でいこうとか。

もちろん、50代以上も、
決定権は持っていますが
実は、あまり無い感じです。

どちらかというと、決めるのではなく、
報告を受けるという感じですね。

30代の人は、40代の人に
結論を出してもらうわけです。

今、私が42歳なんですが、
これからの時代というのは、

ギリギリ、バブル時代を
知らない世代です。

これから、
バブル時代を知らない人達が
どんどん40代になります。

これから40代になる人は、
投資とか、お金を使うことに対して
あまり恐怖心を持っていません。

今、私より少し上の世代で
45歳とか50歳くらいの人というのは、

バブル時代を知っているので、
投資とか、大きなお金を使うのが
怖い人も多いです。

なので、日本の景気が良くなるのは、
2020年のオリンピック開催までの
期間かなぁと考えています。

決定権、決裁権のある人達が
バブル時代の恐怖を知らない世代になる
ということですね。

私は、これからの5年間
すごく良い時代になると考えています。

どんどん行動して、結果を出して、
お金儲けをしていきましょう。

決定権を持っている40代が
どういう風に育ってきた世代で、
どういう考え方の世代なのかによって、

世の中の流れが変わっていく
ということです。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。