【職人】師匠とは一生の付き合い

辞めたり、独立する時は、
師匠にきちんと話をして、
キレイな方が良いです。

師匠は、今までいろいろと
教えてくれた人ですよね。

だったら、
その人の顔に泥を塗るような事
してはいけません。

キレイに辞めないと
あなた自身の信用が無くなります。

きちんとした辞め方をすれば、
その後も、いろいろと
教えてもらう事が出来ます。

今まで、師匠の元で
働いていたといっても、

技術しか学んでいなかった
可能性もあります。

師匠は、人生の先輩であり、
あなたより先に
多くを学んでいる人なので、

あなたが知らない事も
当然、いっぱい知っています。

実際に、自分が独立して
一人でやってみたら、

実はまったく違う、知識や技術が
必要だったりする場合もあります。

そういう時に、
質問出来る人が居るというのは、
非常に重要です。

自分の師匠とか、社長というのは、
何かあった時や困った時に
助けてくれる存在です。

辞めた後も、関係をきちんとして、
師匠が忙しそうだったら手伝うとか
そういう事が重要です。

辞めたばっかりの時は、
少しギクシャクするかもしれませんが、

あなた自身が感謝の気持ちを
しっかり持っていれば
必ず良い関係を取り戻せます。

私の経験上、
1年から3年間くらいで修復しますね。

お中元とか、お歳暮とか、年賀状とか、
そういうことをしたり、
あとは、頼ることも重要です。

師匠や社長から、
「辞めた人間が、何をいまさら」と
言われるかもしれませんが、

電話をかけるとか、顔を出すとか、
連絡を取り続ける事が重要で、

そういう事をする事で、
良い関係が保てます。

今までは、
社長や師匠だったかもしれませんが、

それが、徐々に、
ビジネスパートナーになっていきます。

そこで大きなグループを作って、
皆でやっていくという事ですね。

そういう意識は
すごく重要なので、

師匠とか社長を敬って、
大切にしましょう。

こういう気持ち、考えを
忘れない方が良いと思います。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星

社長ブログランキング

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. とてもいいお話ですね。
    成長していたらいつかは別れがきます。
    でもその別れは勇気を持って受け入れなければなりません。
    いいお別れでしたら、お互いが成長していて、
    助け合うことができます。

  2. いつもありがとうございます^_^

    師匠と弟子の関係を切らないで、気持ちよく独立するのが大切だと感じました。

    独立というより「自立」とお互いが認識できるなれば、縁切りにならない。

    助け合いの精神が師匠と弟子の徒弟関係に根付いていてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。