【職人】時間を気にして仕事をしろ

職人時代に
私が弟子たちに言い続けていた事で、

『腕時計をして、仕事をしろ』

というものがあります。

「携帯で確認するので、
 腕時計は不要です」


 
という人が居ますが、問題外ですね。

携帯をポケットから出して、
時間を確認するには1秒以上かかります。

でも、腕時計をしていれば
時間を確認するのに
かかる時間は0.5秒未満です。

それくらい時間を意識して
仕事をしろって事です。

自分の仕事が
どれくらいの時間で終わるのか
という事を意識し続ける。

これが重要です。

目標設定をきちんとしていないと
自分が成長しているのか
成長していないのか解りません。

師匠はこの仕事をするのに
10分くらいなんだなと解ったら、

自分がやったらどれくらいかかるのか
実際に測ってみる。

仮説と検証を繰り返す事で
成長スピードが増します。

私が職人の頃は、
8:00に現場に集合して、

朝礼とか体操が30分くらいあって
8:30スタートでした。

・10:00 休憩
・12:00 昼食
・15:00 休憩
・17:00 終わり

この時間の区切りまでに
どこまでの仕事をやるのか、

しっかりと目標設定をする事が
非常に重要です。

人は楽をしたいので、
目標がないと行動しません。

昼の12時までに、ここまでやろう
と目標設定することで、

今ちょっと遅れているから
もうちょっと頑張ろうとか、

少し余裕があるから
ゆっくりやろうとか丁寧にやろうとか
調整が可能になります。

小さな目標から大きな目標達成まで
時間管理が必要ってことです。

あと、

「昼の12時までに、ここまでやろう」

と、目標設定するまでは良いのですが、

設定したところまでの仕事が
終わっていない人が多いです。

なぜそうなるのか?

必要な時間の想定が、甘いからです。

腕の良い職人は、

「ここまでだったら●●分で出来る」

という事が、よく解っています。

自分の能力を
キチンと解っているからです。

そこで、自分の能力を
キチンと理解するために

どれくらいの時間がかかるか
常に意識する事が重要。

そのために、腕時計が必要ってことです。

これは職人に限った事ではなく、
どんな業界であってもデキル人は
時間を意識しています。

コピーを書くのに
どれくらい時間がかかるのか。

HP製作に
どれくらい時間がかかるのか。

自分の行動を1秒単位で意識して
行動する事によって、

自分の能力がキチンと把握でき、
しっかりとした目標設定が出来ます。

 
七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 理にかなっている。しかも仕事の消化具合もよくわかる。
    言われてみればです。学びありがとうございます。

  2. 納得です。
    私は職人ではありませんが、短い時間でどれだけ仕事ができたか
    そして、以前よりもどれだけ早くできたかに関心を持って仕事をします。
    だらだらと時間をつぶすのは嫌いです。
    まして職人さんであれば手際よく仕事を進めていくのを見れば
    気持ちいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。