【職人】人はお金で切ることはできません

お金はお金で切られてしまいますが
人はなかなか切られません。

あなたがすごく安い単価で
仕事を請けたとしましょう。

この場合、お金だけです。

お金っていうのは
すごく真似がしやすいです。

私は元クロス職人でしたが、
たとえば、1平米500円の仕事を

「うちは1平米480円でやります」
と言ったときに

他のライバルも
「うちも1平米480円でやります」
と言った時は泥沼になります。

要は、金額を安くする事によって
手に入れた仕事というのは
他がもっと安ければ簡単に切られます。

でも、一番最初はしょうがないです。

独立してすぐとか、始めたばっかりとか
まだ実力がない若い頃っていうのは、

しょうがない部分もあるので
こういう場合は若さとパワーで、
安く請けて大量に仕事をこなせば良いです

クロス職人で言ったら、
1日に200平米の仕事をこなすような
化け物みたいな人も居ますが

そういう人の全員が、
安かろう悪かろうではないですが
大量に仕事をこなす事で稼いでいます。

でも、そんな事が出来るのは
20代とか、30代前半までです。

最終的に、


「職人として突き詰めなければ
 いけないのは何ですか?」


と言ったら、お金ではなく、
人で仕事を取っていただきたいです。

では、


「人で仕事を取るって何なんですか」


と言ったら、プラスアルファです。

何か仕事を請けた場合に
請けた仕事以上の事をする。

たとえば、朝現場に行ったら
必ず掃除をするとか。

現場監督とか、
仕事をくれる人が喜びます。

もちろんエンドユーザーから
仕事をもらう場合もあるでしょう。

工務店、設計士、ゼネコン、問屋さんか
仕事をもらう場合もあるでしょう。

いろんなケースがありますが、
現場には管理をする人というのが居ます。

では、現場を管理をする人の仕事って
何ですかと言ったら
現場を綺麗にすることです。

なので、

・あなたに仕事を発注する人、
・あなたにお金を払う人
・あなたの仕事を管理する権利がある人

こういう人たちの仕事を
変わりにやってあげることで

「この職人さんはなんていい人なんだ」

とか、

「この職人さんは使えるな」

という差別化ができます。

お金以外のプラスアルファですね。

私の場合は、
現場全体を把握していたので

電気屋さん、大工さん、
塗装屋さんなどの
段取りを手伝ってあげるとか

監督さんに


『この後、たぶん塗装屋さんが
 入ると思いますが、私が居るので
 監督さんは帰っていただいても
 構いませんよ』


とかやってましたね。

そうすると、


『あなたが現場に居てくれると、
 留守できるから楽なんだよね』


と言われた事もあります。

なので、職人は技術以外に
プラスアルファで仕事を取ってくると
他の職人に仕事をと取られなくなります。

いい仕事、良い単価の仕事は
やっぱり良い職人が集まってくるので

その中でどうやって勝ち残っていくのか
ここが重要です。

安く仕事を取って
効率化するって案もありますが、

利益を出している職人とか会社の多くは
人で仕事を取っています。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. いつもありがとうございます^_^

    個人の能力を磨き続けてブランド価値を高めると、業界のオンリーワンになる。

    その先に、仕事の成功が待っていると思いました。

    毎日、変化発展を意識して昨日とは違うチャレンジをしよう!と再確認しました。

    他人との差別化は、価格競争だと限界がありますね。

    今日も元気にチャレンジしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。