【職人】新しい技術にアンテナを張る

常に、新しい技術を手に入れようという
意識を持ってください。

1つの技術で食べていけるのは約7年です

私の感覚的には2~3年に1つ
新しい技術を身に付けていかないと
職人としては終わりですね。

10年前、20年前に身に付けた技術では
今の世の中稼げません。

つい先日、会社の鍵の管理の事で
セコムの人に来ていただいたのですが、

どういう技術で施工しているのかなと
意識をしているわけなんですよ。

そうする事で、
あ~なるほど、こういう道具を使うんだとか
で、この道具ってどう使うんですか?と質問をする。

そうやってLANケーブルの
配線の仕方を覚えたりできます。

結局、ボーっと生きているよりも
常にいろんな技術や情報を意識する。

アンテナを張るってことです。

アンテナを張ることで
自分自身がどんどん成長していきます。

やっぱり一番いいのは
プロの技術を盗むことです。

たとえば町を歩いていて
看板屋さんが工事をしていたら

ここの看板屋さんはどうやっているのかな
あ~こういう風にやっているのか

街中に工事している人はいっぱい居るので
じ~っと見て何をしているのか見ていただきたいです。

アンテナを張るときにコツがあるんですが、
どういう道具を使っているかなんですよ。

プロとアマの違いっていうのがありますが
その一つは、どういう道具を使っているのかです。

最近はホームセンターでもプロ級の
道具が売っているので良いのですが、

昔のホームセンターは商品が充実していなかったので
そこで買った道具を使っても全然うまくいきませんでした。

素人用の道具っていうのは
やっぱり使いづらいです。

道具が変わるだけで圧倒的に
やりやすさと仕上がりが変わります。

なので、アンテナを張るときには
どういう道具を使っていて


どの素材で、どこで買って、どう使っているのか
そこを意識する事がすごく重要です。

昔と違って、いまはネットで調べれば
プロが使う道具が簡単に買えます。

常に新しい技術にアンテナを張って
いま一番稼げるのは何なのか


次に覚えなきゃいけない事は何なのかなと意識をして
時間を使いましょう。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星


社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 私は技術者ですが、全くその通りかもしれません。
    会社でいろいろな役割を振られますが、出来る限り期待に応えることで、オールマイティな技術者、ビジネスマンになれるのかもしれませんね。
    ありがとうございます。

  2. そうですね。
    1つの技術を追求するのではなく、
    多くの技術を満遍なく身に付けていく。

    私は全く反対に
    1つのことに没頭する、
    1つのことを極めるこれに時間がかかっている私です。

    私の欠点を反省しました。
    良い勉強をさせて頂きました。。ありがとうございました。

  3. なるほど納得です。
    50点の技術をたくさん持っているほうがいいですね。
    私は職人ではないのですが、趣味は多趣味です。
    どれも50点くらいです。

    あと、記事のほうで読ませてもらった
    娘さんと父親のお話ですが、
    そちらにはコメント欄がないのでこちらでコメントしますが、
    七星さんの意見とまったく同じです。
    私はシングルマザーで病気持ちだったので、
    働けずに高校に行かせるのも大変だったので、
    大学へ行きたいと言った娘に泣く泣く諦めさせたのですが、
    できることなら行かせてやりたかったです。

    七星さんはとっても良い父親だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。