【職人】会社を食い物にしろ

人が成長するためには、
どれだけ失敗したかが重要です。

失敗したらいけないんじゃないかと
思っている人も居るかもしれませんが

『失敗は買ってでもしろ』

っていう事場があるように、
どれだけ失敗したかがすごく重要です。

20代、30代の若いうちの失敗は
失敗ではありません。

会社に居る間は失敗したとしても
会社が面倒をみてくれるので、

破滅しなければ問題ないし、
経験でもあり、成功への種です。

独立して、失敗した場合は
責任を取ってくれる人も居ませんし、
破滅につながる可能性があります。

なので、独立したり、
一人でビジネスをやるようになったら
失敗は少ないほうが良いです。

逆に言ったら、会社に居る間は
失敗をおそれず、積極的に
チャレンジしましょうってことです。

これが会社を食い物にしろってことです。

会社に居る時は、失敗しても
先輩や会社がフォローしてくれます。

そこで重要な事は、

『こうやって直すんだな~』

『こうやってフォローするんだな~』

という事をしっかり学んでください。

あと、失敗をリカバリーするために
あなた自身もすごく努力します。

これ以上会社に迷惑がかからないように
修正しなければいけないという気持ち
あなたを成長させます。

会社に居る間はビクビクせずに
ガンガン行動して、たくさん利益を上げて
会社に貢献できるよう行動しましょう。

失敗したとしてもそれを直していく

会社というのはあなた自身が
経験をする場所です。

そういう意味でも
会社を食い物にして

自分をどんどん成長させて
大きな結果を出す糧にしましょう。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星

社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 今回の職人の心得、20代の自分に聞かせてやりたい動画でした。
    成功の反対は、失敗ではない。行動しないこと。

    今でもわかりますが、20代、30代前半は失敗が怖くて行動に移せませんでした。
    今思えば、命取られるわけでもなく、多少のお叱り忠告は伴うものの、自分の糧になってるのは間違いないのだから。失敗は成功の母とも言いますしね。

  2. 今回も納得でした。
    失敗をすれば学べますね。
    「ああ、こうすれば失敗するから
    次からはこうしよう」と。

    その場では叱られたりしてへこむこともありますが、
    失敗したおかげで今まで理解できてなかったことを
    理解できます。

    そうそう↑の方がおっしゃっているとおり
    失敗は成功の母ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。