【職人】道具や材料に精通する

職人は、段取り力や技術力も
もちろん大事なのですが、

どういう道具があって、
どういう材料があるのか。

これを知っておく事が重要です。

特に道具は、昔と比べて
とてつもなく進化しています。

昔の職人さんは、
カッター1本とか、トンカチと釘だけで
仕事をしていた方も居ますが、

今は少しお金を出せば、
すごく良い道具を
手に入れることが可能です。

インターネットビジネスで言えば
パソコンやツールですね。

どんなに良い技術があったとしても
今は、良い道具を使うことで

クオリティーの高い作業
一瞬で行える時代になりました。

・その作業を1日に何回やるのか


・年間では何回やることになるのか

良い道具を使うことで
自分の時給がどれだけ上がるか
計算してみましょう。

職人として、やっていくなら
何度も同じ行程を行う事になります。

良い道具を活用しないのは
すごくもったいないです。

大工さんで言うと、
昔は1日の作業が終わって、

かんなの刃を手入れすることは
当たり前のことでした。

かんなの刃を
毎日手入れしている職人さんは

すごく格好良いし、
腕の良い職人さんだと思いますが、

今はそういう時代ではなく、
かんなの刃も使い捨ての時代です。

今は替え刃が1枚100円です。

かんなの刃を
毎日手入れしている職人さんの
時給はいくらでしょうか?

100円の替え刃を使ったほうが
効率も良いし、正直、切れ味も良いです。

釘とトンカチも同じですね。

今は道具を使って、
連続で釘を打つ事ができます。

今の時代、良い道具を
しっかり使うことが重要です。

道具以外に、材料にも精通しましょう。

下地と材料の関係性とか
のりもすごく重要です。

接着剤とか加工補助材を
しっかり解っていると
作業効率が大きく変わります。

素人じゃないので、
良い環境、良い道具、良い材料、

そういうものと、
自分自身の腕が加わる事によって

お客さんに喜んでもらえる
クオリティーの高いものが提供できます。

メーカーのパンフレットを見たり、
もし、分からない事があれば、
メーカーに電話をして聞きましょう。

道具、材料にアンテナを張ると
良い仕事、良い単価の仕事
出来るという事です。

 
七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星

社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 「弘法は筆を選ばず」ではなく、積極的に道具を探して、使いこなす時代なのですね。
    「困ったことがあっても常にその問題を解決する道具は世の中にある」という気持ち、常に心がけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。