【職人】人の育て方

職人の世界は
ある意味いたちごっこです。

見習いを雇う⇒育てる⇒独立する
この繰り返しです。

職人は、ほぼ100%独立します。

一度独立した職人が
戻ってくる事はありますが、
ほぼ全員の職人が一度は独立します。

辞めていく(独立する)ことを
前提に考えておきましょう。

だからと言って、雇ったスタッフを
適当に教育するわけではないですが

私が見習いを雇うときは
必ず2人ペアで雇います。

「まだ、独立したばかりで、
 2人いっぺんに雇えません」


 
という人も居るかもしれませんが、

2人いっぺんに雇えない状況では
1人も雇えません。

ちょっとくらい無理してでも
2人いっぺんに雇いましょう。

1人ずつ雇うと
やめる確率がグンと上がります。

愚痴を言ったり、
協力体制が築けないので、
なかなか難しいです。

過去の経験上、2人いっぺんに雇うと
辞める可能性が
めちゃくちゃ下がります。

あと、社宅を与えると良いです。

「そんなの無理ですよ」

という人も居るかもしれませんが
社長の仕事は人を育てることです。

スタッフが辞めてしまったら
それまでの苦労や投資が0です。

何も残りません。

なので、スタッフが
辞めづらい環境を作りましょう。

そこでオススメなのが
社宅を準備するということです。

安い社宅でもいいですし、
住み込みでも構いません。

他には、給料を現金で渡すと良いです。

銀行振込みではなく、現金で渡すと、
お金は気づいたら無くなります。

そうすると辞めようと思っても
引越し資金が無かったり、

辞められなくなるので
ちょっと悪どい方法ですが、
この方法はすごく使えます。

人を育てるって
すごく大変なんですが、

ここがしっかり出来ると
会社が成長します。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星

社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。