【職人】問屋を有効に活用する

問屋さんから材料を買うときに、
「俺は客なんだ」という態度
バカみたいに値引きする人がいます。


あなたが、その問屋さんから
月にいくら買ってるんですか?
という事を意識してほしいです。


本当にちょっとした
消耗品とか道具とか、

月3万とか10万円位しか
購入していない場合、

問屋さんの立場から言うと、
月3万~10万円しか買わない人は
特別良いお客さんではないです。


それなのに、平米単位で
1円高いだけでも
凄く怒ったりする人が居ます。


問屋さんに対して、
「俺は客なんだ」って態度で
接するのは、すごくもったいないです。


問屋さんはあくまでも
ビジネスパートナーです。


何か困った事があったら、
知識をくれたり、
仕事を発注してくれたりそういう関係です。


問屋さんの営業マンは
ビジネスパートナーですね。


「俺は客なんだ」って態度は、
本当にお馬鹿さんがやる事です。


人と人との繋がりを円滑にすることで
すごく良いことがあります。


私の場合は、問屋さんの
営業マンに月1万円あげていました。


毎月1日とかになったら
問屋の営業マンが来るじゃないですか、

その時に、いつもありがとうね
1万円あげるんですよ。


通常だったらここまでしか
単価を下げられないってラインを、

ギリギリまで安くしてくれたり、
仕事が無かった時には

優先的に仕事をくれたりとか
困ったときに、なんとかします
と言ってくれたりとか。


そういう関係です。


自分のパートナーと考えましょう。


他にも、お歳暮とかお中元の時に
問屋さんにお菓子を送ります。


1,000円で良いんですよ。


それを3つ贈ります。


問屋の所長さん、営業部、
もう一つは電話のサポートをしてくれる
女の子たちですね。


自分の会社規模が小さい時というのは、
名前を覚えてもらうのが重要です。


そうする事によって、
「あっ、○○さんですね」と
困ったときに助けてくれます。


重要な事として、
まず、こちらから与える


与えても、もしかしたら
拒否する人もいるかもしれませんが、

与えた事によって
大抵は見返りがあります。


でも、最初から
見返りをを期待するのではなく

いつもありがとうございます
という気持ちを持ちましょう。


問屋さんやメーカーさんは
自分の先輩でもあります。


その力をうまく活用するためにも、
感謝の気持ちを持ちましょう。


自分の技術を手に入れて、
会社を大きくしていって、
収益を上げていきましょう。


問屋さんを
どんどん活用してください。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星

社長ブログランキング
社長ブログランキングへ

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. もの凄くよく分かります☆
    ウチは、時々仕入れ先に、果物なりお菓子なり持って行くと、対応が全然違ってきます!
    香港では親しくなると、男性でも女性でも、とてもいい笑顔で手まで振って挨拶してくれます♪^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。