【職人】直接の仕事は値引きするな

多くの職人は、

工務店さん、問屋さん、など
中間業者さんから仕事をもらいます。

エンドユーザーから
直接、仕事が来ることは
ほとんどありません。

もし、エンドユーザーからの仕事で
安易に値引きをすると
大きなしっぺ返しをくらいます。

仮に、30万円の仕事があったとします。

通常は、工務店が仕事を受けて、
それに3割乗っけて、40万円位を
お客さんに請求します。

工務店が10万円の利益を取って、
職人には30万円が入ります。

エンドユーザーからの依頼を、
30万円で請けたらダメです。

工務店を通すから
30万円で良いんですよ。

段取りやゴミの手配、
お客さんとのやりとりを

工務店が全部やってくれて、
その分が10万円なんです。

エンドユーザーと直接付き合うのは
めちゃくちゃ面倒です。

職人はクレーム対応とか、慣れてないし
余計なトラブルが起きます。

エンドユーザーから仕事は、
3割増しとか、2倍とかで請けましょう。

まぁ、2倍で良いです。

実際のところ工務店とかは、
2倍の金額で請ける事も多いです。

エンドユーザーに
2倍の金額で見積もりを出して、

もし、仕事が取れなかったら
やらなくていいです。

エンドユーザーから
次の仕事がくる可能性は
極端に低いからです。

一番重要なのは、
定期的に仕事をくれる人です。

これを意識してください。

他にも親族からの仕事は要注意です。

原則、親族の仕事は
受けない方が良いです。

トラブルの元です。

一番やってはいけないのが、
材料代だけでやってあげるとか、
極端に安くしてあげる事です。

これは絶対やめた方が良いです。

理由ですが、
たとえば、50万円のリフォーム工事で、
材料代が20万円だった場合、

「材料代だけで良いよ」と、
20万円でやってあげたとします。

こっちからしたら、タダ働きですが、
親族は20万円払っています。

親族は、素人なので、この金額が
高いか安いか分かりませんが、

素人の基準で20万円の
クオリティを求めてきます。

こっちはタダ働きですが・・・

タダ働きっていう事は、
その時間を、通常の仕事にあてていれば
そこではお金が入ってきます。

上記の例なら、
30万円分タダでやってあげていますが、
通常なら他で30万円稼げます。

なので、60万円の損です。

こっちはタダでやってあげているけど、
親族は、片手間で、いい加減にやって、
という感情が生まれます。

最終的に、関係が崩れることも
十分ありえます。

なので、親族の仕事は基本的にやらない。

もし、やる場合は、通常より
高くもらって、100%の仕事をする。

親族にはその旨を説明しましょう。

または、業者を見つけてあげるとか
自分の知り合いに依頼をする。

そこで、段取りをしてあげる事で
適正価格より少し安くしてもらうとか。

ここを意識する事で、
あらゆるトラブルが無くなるので
ぜひ、覚えておいてください。

七星のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックをいただければとても嬉しいです七星

社長ブログランキング

七星明の必読書リストプレゼント

コメント

  1. 目からうろこでした。
    直で仕事をするということは、監督さんや、工務店さんの仕事も
    同時にすることになるわけだから、
    本来の値段をもらうべきなんですね。

    親族の仕事もついつい安くしてあげたいと思ってしまいますが、
    自分自身にとってもマイナスで、
    親族にとってもクレーム、もしくは陰口の元なんですね。

    もともと馬鹿らしいことはやるべきではありませんね。
    まぁ、私は職人ではありませんが
    いい勉強になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。