娘にスマホを買うことにしました。

sumahodeyorokobu500

 

七星です。

 

私の自宅は最近まで

ネット回線が通ってませんでした。

 

私は、家に帰ったら

携帯は玄関に置きっぱなしで、

 

自宅にパソコンがないので、

ネットを一切しません。

 

これはなぜかと言うと

子供にネット環境を与えないためでした。

 

 

ただ、娘が中学になるにあたって、

スマホを与えることになって、

 

先日、お互い正座をして、

いろいろ話しました。

 

いま、反抗期真っ最中なので

お互いに正座をして話す時間を作るのが

大変でしたが、

 

「それをしないと渡さない」

言い切ったので、

娘もしぶしぶ受け入れました。

 

ちょっとでも反抗的な態度や

言い訳を言ったり、

 

素直じゃなかったら渡さない

って事も言って、話をしました。

 

 

教えた事は、

 

・ネットの情報を信用しない

・ネットで知り合った人と会わない

・アダルト系の映像、画像がある

・性について、男の人とむやみにヤラないように

・パパを検索したら悪い事も書かれている

・弟たちには
 見せない、使わせない、やらせない。

・門限は18時、電話は19時までOK

・夜8時以降は、スマホを没収

 

 

そうとう、不満ありな感じでしたが、

ここは父親として

しっかりと言い聞かせました。

 

私はインターネットを

知り尽くしているだけに、

 

子供にネットを使わせることは

危険を感じています。

 

大人になってからの

悪影響を考えるとダメです。

 

善悪の区別がつかない時期の情報は

そのまま将来に影響します。

 

 

自我の境界線というものがあり

この境界線ができるまでは、

特に環境に気をつかわないといけません。

 

この境界線は、

小学3年生~6年生ぐらいでできます。

 

なので、中学に入ってから

情報制限をとくのは

タイミング的にバッチリだと思います。

 

ルールはあとからではダメです。

 

最初にきめて、

それを親が守らせることが重要です。

 

これから私立中学なので、電車通学です。

 

帰り道に、渋谷や原宿で

遊んで帰ってくるとかあるでしょうが、

門限はしっかり守らせないといけません。

 

さて、あとは中学で

よい友達と出会えればよいのですが。

 

最近、感じるのが、

友達は重要ってことです。

 

いぜん、チラっと紹介しましたが、

32才で処女のシスター

知り合いがいます。

 

32才とは思えないくらい可愛い子です。

 

まあ~、その子は

ホントにいい子なので、

その子に会わせるために、

教会に行こうかと思ってます。

 

あ! 失敗した。

 

あの子に中学受験の

家庭教師をしてもらえばよかった。

 

すげ~失敗。

 

子供は自分で環境を選べないので、

良い環境を与えるのが親の責任です。

 

何もしないより何かした方がいい。

 

一番の後悔は何もしないことです。